FC2ブログ

永遠の夢に向かってCrazy Little Thing Called Love

 

Crazy Little Thing Called Love

Crazy Little Thing Called Love





queen-queen-19597977-2560-1661_convert_20131130184530.jpg






Queen - Crazy Little Thing Called Love















『愛という名の欲望』(あいというなのよくぼう) (Crazy Little Thing Called Love) は、イギリスのロック・バンドクイーンの楽曲。1979年にEMIよりシングルとしてリリースされ、翌年発売のアルバム『ザ・ゲーム』に収録された。

作曲はフレディ・マーキュリー。アメリカのビルボード誌では、1980年2月23日に、週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1980年年間ランキングは第6位。そのほか、イギリスで3位など、各国のチャートに入り、ヒットした。プロモーションビデオも作成され、DVD『グレイテスト・ビデオ・ヒッツ1』などに収録されている。また、このエルヴィス・プレスリー風の曲に触発されてジョン・レノンが曲作りに励んだというエピソードが残っている。この曲は、ライブ・エイド(1985年)などを初めとする1979年以降のライブで演奏された。その模様は各種クイーンのライブDVD作品などで視聴することができる。ライブではフレディが唯一ギターを持って演奏していた。クイーン+ポール・ロジャースのステージでも、ポールがリズム・ギターを弾いた。 アルバムではフェードアウトで終わるが、ライブでは最後まで演奏された。 また、ライブにおいては2回目の「Until I'm ready」に対しオーディエンスが「ready freddie」とレスポンスする様子が収められている。





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
STAND BY ME  ←STAND BY ME 【2013年11月】の更新記事一覧 →  "Let's Live For Today"
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif