FC2ブログ
 

CHINA GIRL

CHINA GIRL





perlkmhurklhbig_convert_20131126230010.jpg




800pBNBNBNBNBNBNBNBNGHNFNsvg.png



David Bowie - China Girl








CHINA GIRL

「チャイナ・ガール」(China Girl)は、デヴィッド・ボウイとイギー・ポップがベルリンにいた頃に共同制作した曲である。イギー・ポップのアルバム『イディオット』(1977年)で初めて世に出た。しかしボウイがアルバム『レッツ・ダンス』(1983年)用に再録音して発表するまでは有名ではなかった。ボウイの旧友で、音楽面での協力者であったポップが財政的に困難になっており(彼は薬物依存症にかかっていた)、破産の危機に瀕していたためにアルバムに収録することを決めた。ポップが印税の半分(共同制作であるため)を得て、財政的に安定してもらうためである。デヴィッド・ボウイによる1983年版は、シングルとしても発売された。ナイル・ロジャースによるプロデュースの下、この曲にはイギー・ポップの暗くラフなバージョンよりもよりコマーシャルな要素が与えられた。この曲はレッツ・ダンスと同じくシングル用に編集されたが、その印象的なビデオがより興味を惹き付けた。デヴィッド・マレットのクリップは主にオーストラリア、メルボルンの中華街やポート・ジャクソン湾に浮かぶ船の上で撮られた。Geeling Ngが波の上でボウイと裸で横たわっているシーン(地上より永遠にからの影響)がフィーチャーされている。最後のシーンがタブロイド紙をにぎわせたりしたが、クリップはMTVアワードを獲得している。ビデオやDVDのコンピレーションに収録されているこの曲のクリップは微妙に修正を受けている。イギリスではシングルが1983年6月14日の1週、2位まで上昇した。ポリスの見つめていたいが1位を堅守していた。アメリカでは10位まで上昇した。この曲は、ボウイが行った1980年代のライブ・レパートリーあった。1985年に開催したロンドンでのライヴエイドでもリハーサルに使われた。しかし、「5年間」「ファスシネイション」の2曲と共にライヴでの時間的制約のため、徐々に演奏されなくなっていった。その後、1999年から現在に至るまで再び披露している。





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif