FC2ブログ

永遠の夢に向かって『マイウェイ 12,000キロの真実』

 

『マイウェイ 12,000キロの真実』

『マイウェイ 12,000キロの真実』





5468614666145.jpg





800pFlaSoutKoreasvg.png



『マイウェイ 12,000キロの真実』(原題: 마이웨이)は、2011年の大韓民国の映画。


日本統治時代の朝鮮の中心都市京城(現ソウル)に、日本人と朝鮮人の二人の若者がいた。彼らはオリンピックで走るという同じ夢を持っていたが、時代がその夢を打ち砕き、大日本帝国、ソビエト連邦、ナチス・ドイツの軍服を着て戦地へ向かうことになる。












「シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督が韓国映画史上最大級となる製作費25億円を投じ、アジアからノルマンディーまで1万2000キロを生き抜いた男の実話を映画化。1944年、史上最大の上陸作戦として知られる「ノルマンディー上陸作戦」が行われ、その作戦終了後、ドイツ軍捕虜の中から1人の東洋人が発見される。男は日本兵として日本統治下の朝鮮半島を出発し、ソ連、ドイツを経てノルマンディーへ到達。日本、ソ連、ドイツの3カ国の軍服を着て戦い、敗戦に次ぐ敗戦で何度も捕虜になりながらも1万2000キロを生き抜いていた。主演はオダギリジョーとチャン・ドンゴン。








Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
R2B  ←R2B 【2013年11月】の更新記事一覧 →Hyeon Yeong  Hyeon Yeong
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif