FC2ブログ

永遠の夢に向かってザットル・ビー・ザ・デイ

 

ザットル・ビー・ザ・デイ

ザットル・ビー・ザ・デイ














d016037902610.jpg













That'll Be The Day - Buddy Holly & The Crickets


































米テキサス州出身のバディ・ホリーは、1956年に「ラヴ・ミー」でデッカからデビューした。このシングルはあまり売れず、デッカはもう1枚だけシングルを出して、バディ・ホリーをクビにする。翌年にコーラル・レコードに移籍すると、再デビューシングル「ザットル・ビー・ザ・デイ」が全米1位の大ヒットとなった。デッカは惜しいことしたな。デッカの担当者に先見の明が無かったと言えばそれまでだけれど、きっと新しすぎてどう評価していいのかわからなかったのだろう。革新的なアーティストはこういうエピソードが付き物だ。大きな会社に属している人たちというのはやっぱり、流行っているものを探してくるのは得意だけれど、次に流行るものを見つけ出して推す勇気はなかなか無いものだ。上下左右四方八方の顔色を窺いながら仕事をしている人たちなので、間違ったら大変だからだ。バディ・ホリーはチャック・ベリーやリトル・リチャードのように黒人ではなくエルヴィスのようにワイルドでセクシーでもなかった。20歳になったばかりで、学生みたいなメガネをかけて、目立たなくてひ弱そうな、ロックンロールとはいちばん遠い存在のようにも見えたのかもしれない。その「ザットル・ビー・ザ・デイ」のブレイクから、1959年2月に彼が飛行機事故で彼がこの世を去るまではわずか1年と9カ月に過ぎない。その1年9カ月の間に彼が遺した録音はヒット曲、名曲、実験作の宝庫で、まさにその後60年以上の歴史が作られていく素となった、光り輝く〈ロック〉の原石だった。ボーカル、ギター、ベース、ドラムというロックバンドの基本的な編成を創り出したのは彼だったし、ビートルズはそれに倣った。弱冠20歳の若者がたった1年9カ月のあいだに、様々なアイデアや録音方法を試して、短期間で一気にロックンロールの可能性を拡大した。ロック史における最高峰の天才であり、その後のロック・ポップスの源流となった真に偉大なアーティストだ。彼がもう少し生きていたら、レノン&マッカートニー以上の作品を残したに違いないとわたしは確信している























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
GMT MASTER  ←GMT MASTER 【2020年06月】の更新記事一覧 →ペギー・スー  ペギー・スー
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif