FC2ブログ
 

三洋電機

三洋電機












sanyo-vector-logo.png













三洋電機株式会社



























三洋電機株式会社(SANYO Electric Co., Ltd.)は、パナソニックグループの日本の電機メーカーでパナソニックの機能子会社。本社は大阪府大阪市中央区、登記上の本店は大阪府大東市に所在。パナソニック傘下に入る以前には、大阪府守口市に創業から68年にわたって本社を置いていた。松下幸之助の義弟(妻の弟)で松下電器産業(現・パナソニック)の創業にもかかわり、同社の専務取締役だった井植歳男が、GHQによる公職追放指定に伴い、1946年(昭和21年)に松下電器を退社。翌年2月1日、松下幸之助より、自転車用発電ランプの製造権と加西市にある松下電工北条工場(現在の「イオンモール加西北条」敷地)を譲り受け、個人事業「三洋電機製作所」を創業し、自転車用ランプを製造。当初は松下電器が三洋電機の名前を併記して「ナショナル」ブランドで販売していた。のちに直販化した。(2009年(平成21年)6月30日まで存在した企業博物館「サンヨーミュージアム」には、「ナショナル発電ランプ:三洋電機株式会社製造」などという旨が書かれた当時の広告やブランドロゴが展示されていた。)松下電器産業の後藤清一も創業時に工場長として参加(後に副社長)。1949年(昭和24年)、三洋電機株式会社設立。会社のロゴマークに、源流企業である松下電器の「ナショナルマーク」に類似した円形に電気のスパークとサンヨーロゴをデザインしたものを採用。社名は太平洋・大西洋・インド洋を意味し、世界で活躍できる企業になるという意志が込められている。1953年(昭和28年)に開発した噴流式洗濯機が大ヒットし、一躍有名になった。その後、総合家電メーカーとして日本屈指の企業に成長。本家である松下電器とも、国内、さらに海外で長年しのぎを削ることとなった。しかし、度重なる製品の重大事故や不祥事で経営が苦しくなり、2011年(平成23年)株式交換によりパナソニックの完全子会社となった。この前後数年間で役員のほとんどが社外に去り、グループ10万人超の巨大企業が倒産を経ずに(経営統合で)事実上消滅するという、日本の経済史でも初めてのケースとなった。なお、社名に「三洋」と付くが、三洋貿易、三洋証券(1997年に会社更生法申請)や三洋信販(2007年にプロミスに吸収合併)、三洋物産とは、資本・人材とともに一切無関係である(各社の項も参照)。2020年現在は、掃除機の紙パックなどの製品に限り三洋電機の商標の使用を継続している。

2020年6月1日(月曜日)




















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ロコ・モーション  ←ロコ・モーション 【2020年06月】の更新記事一覧 →De-LAX  De-LAX
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif