FC2ブログ

永遠の夢に向かって課長 島耕作

 

課長 島耕作

課長 島耕作















13932016480030190650-35ac97220a3b19eb726f2e2aabd6a9aa.jpg













課長 島耕作
































島耕作の勤務している初芝電器産業は、作者が漫画家デビュー前に勤務していた「松下電器産業」(パナソニック)をモデルにしているとされ、同社の好況不況や、三洋電機合併など、現実の「松下」の動向が作中の「初芝」の動向に色濃く反映されていることも多い。また、島の社長就任・退任がニュースになったことは前述したとおりである。なお、同時期に「あぶさん」の引退もニュースになっているが、こうした現象は両者の同世代が社会の中枢まで出世し、社会漫画の中心的存在となっていることを意味しているとも言えよう。作者弘兼憲史代表作の一つ。自らの体験談を基にして描いたとされる漫画。時々リアルな展開が読者のハートを釘つけにした。1983年、講談社「週刊モーニング」創刊時より正式名称『課長 島耕作』で連載。なお1話だけ『係長 島耕作』の名で掲載されているが、黒歴史。本来なら課長の時点で終了すべきはずが絶大の人気により1992年より続編『部長 島耕作』シリーズが連載開始。作品中部長どころか子会社の「専務」や「社長」にされたり紆余曲折があったが2002年にはついに本社栄転・取締役昇進を果たし、更なる続編『取締役 島耕作』が連載開始となった。2005年には『常務 島耕作』、翌2006年には僅か1年にて『専務 島耕作』に昇進、この時所属する初芝電器産業の9代目社長就任争いが並行して行われており、作中で次期社長が島であるようなことが示唆されている。そして2008年、ついに初芝の10代目社長に就任し、タイトルも『社長 島耕作』となる。この頃には日本のサラリーマン漫画の金字塔として知られており、島の社長就任がニュースになるほどであり、架空の社長就任対談まで行われた。2013年、島は社長を退任し、初芝改めテコットの会長となる。同時にタイトルも『会長 島耕作』となり、2019年まで連載された。ちなみに社長退任もニュースになった。2019年に相談役となる。同時にタイトルも『相談役 島耕作』となり、連載中。並行して講談社イブニング誌には課長までの道のりをえがく青春時代を連載。新人時代の『ヤング 島耕作』から、主任昇進後の『ヤング島耕作 主任編』を掲載、なお主任時代のタイトルは『主任 島耕作』とはならなかった。その後係長登用試験に合格し『係長 島耕作』がスタート、同作最終回にて課長昇進が描かれ、ヤング時代と本編が一つのストーリーとして繋がることになった。『係長』終了後、同誌では新たに入社前の学生時代を描いた『学生 島耕作』を2014年より連載している。ここでは後に島の裏情報ネットワークの根幹を成すと言ってもいい親友、木暮との出会いも描く。『学生』終了後、同誌では新たに就職活動を描いた『学生 島耕作 就活編』を連載している。





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif