FC2ブログ

永遠の夢に向かってアウト・オブ・タイム

 

アウト・オブ・タイム

アウト・オブ・タイム














DXVCXCVXC.jpg













Once Upon a Time in Hollywood




























「アウト・オブ・タイム」(Out of Time)は、ローリング・ストーンズの楽曲。1966年発表のアルバム『アフターマス』収録曲。作詞・作曲はミック・ジャガーおよびキース・リチャーズ。初出となるアルバム『アフターマス』には、イギリス盤の方にのみ収録され、アメリカでは1967年の編集アルバム『フラワーズ』で初登場となった。この曲には『アフターマス』収録のオリジナル・バージョンの他、後述するクリス・ファーロウのカバー・バージョンの伴奏にミック・ジャガーのボーカルを乗せ、女性コーラスとタンブリンを加えた別バージョンがあるが、これはファーロウのためにジャガーがガイド・ボーカルを入れたデモ・バージョンである。こちらは1975年の未発表曲集『メタモーフォシス』に収録され、同年シングル化もされている(全英45位、全米81位)。前者は1966年3月6日から9日にかけて、ロサンゼルス・RCAスタジオで行われた『アフターマス』セッションで、後者は同年4月27日から30日にかけて、ロンドンのパイ・スタジオで録音された。ストーンズがコンサートでこの曲を披露したことはないが、1966年12月、テレビ番組「レディ・ステディ・ゴー!」の最終回に、ジャガーがファーロウとデュエットしたことがある。クエンティン・タランティーノ監督の2019年の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で使用された。クリス・ファーロウは、ミック・ジャガーのプロデュースのもとこの曲をカバーし、1966年6月にシングルとしてリリースした。シンプルなストーンズ・バージョンに対し、ファーロウ・バージョンはオーケストラを用いた煌びやかなアレンジが施されている。ファーロウ・バージョンの録音には、当時スタジオ・ミュージシャンとして活動していたジミー・ペイジが参加している。ファーロウ・バージョンは1966年8月3日付の全英チャートで1位を獲得、彼の最大のヒット曲となった。ラモーンズは1993年発売のアルバム『Acid Eaters』でカバーした。






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ペギー・スー  ←ペギー・スー 【2020年05月】の更新記事一覧 →HECTOR  HECTOR
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif