FC2ブログ

永遠の夢に向かってザ・ハウス・ザット・ジャック・ビルト

 

ザ・ハウス・ザット・ジャック・ビルト

ザ・ハウス・ザット・ジャック・ビルト














flag9922780-2.png












Once Upon a Time in Hollywood
































「ザ・ハウス・ザット・ジャック・ビルト」(アレサ・フランクリン)

アレサ・フランクリン(Aretha Franklin 1942年3月25日 - 2018年8月16日)は、アメリカ合衆国出身の女性ソウル歌手。表記について、英語では「アリーサ・フランクリン」がより近い。メンフィスの生まれ、デトロイト育ち。父C・L・フランクリンは説教者として有名な教会の牧師であり、母バーバラ・シガーズ・フランクリンは優れたゴスペル歌手であった。両親は、アレサが幼い頃から別居していたが、アレサは父のもとで育てられ、父の教会でゴスペルを歌っていた。1961年にはコロムビア・レコードからデビューするが、同社は彼女をポピュラー・シンガーとして売り出し、曲はジャズ色が濃く、ゴスペル・フィーリングを前面に出した曲は発表しなかった。このためか、当時のアレサのレコードは世間に大きなインパクトを与えるに至らなかった。この時期の録音は、後にデビュー50周年の2011年にコンピレーション・アルバム『グレイト・アメリカン・ソングブック』や、網羅的なボックス・セット『Take a Look: Aretha Franklin Complete on Columbia』の形で再発されている。1966年11月、アトランティック・レコードに移籍[6]。同社のプロデューサーであるジェリー・ウェクスラーは、彼女のゴスペル・フィーリングを前面に押し出す方針を採り、1967年1月、レコーディングを同社の本拠地であるニューヨークではなく、アラバマ州マッスル・ショールズのフェイム・スタジオで行った。同社は、それまで南部色の強い歌手の作品をメンフィスのスタックス・スタジオでレコーディングしていたが、この頃スタックスとの間に対立が起きた為、その代替地としてフェイムが選ばれたものである。しかし、レコーディング開始後にアレサの夫テッド・ホワイトとフェイムのオーナーの間に論争が起きたのに伴い、ウェクスラーはフェイムでリズム・セクションを務めていたミュージシャンをニューヨークへ連れて行き、レコーディングを続行した。この方針は成功を収め、アレサはアトランティックからの第1弾シングル「I Never Loved A Man (The Way I Love You)」(1967年2月)とアルバム『I Never Loved A Man The Way I Love You』(1967年3月)をヒットさせた。1967年4月、オーティス・レディングのカヴァー「Respect」で全米1位を獲得し一躍スターの座に躍り出た。その後も『Lady Soul』、『Aretha Live at Fillmore West』などのヒット・アルバムを送り出し、サザン・ソウル歌手としてはオーティス・レディングと人気を二分する存在となった。代表曲は「チェイン・オブ・フールズ:Chain Of Fools」(ドン・コヴェイ)、「ナチュラル・ウーマン:(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」(キャロル・キング)、「小さな願い:I Say A Little Prayer」(バート・バカラック、ハル・デヴィッド)、「Bridge Over Troubled Water」(邦題:明日に架ける橋, サイモン&ガーファンクル)など。「Bridge Over Troubled Water」はゴスペルにアレンジされており、特に当時アパルトヘイトで苦しんだ南アフリカでヒットし、教会で賛美歌として歌われるようになる。白人歌手の持ち歌のカヴァーも多いが、彼女が歌うと立派に“ソウルの名曲”となる。“単に男女の恋愛を描いた曲でも、アレサが歌うとまるで人類愛を歌っているように聞こえる”といった評価を受けている。1971年にシングル「ロック・ステディ」、72年には「デイ・ドリーミング」を発表。1972年には、ゴスペル・アルバム『Amazing Grace』を発表した。74年には「アンティル・ユ-・カム・バック・トゥ・ミー」(スティーヴィー・ワンダー作曲)がポップ・チャートでもヒットした。また76年にはカーティス・メイフィールドと組んで「ギヴィン・ヒム・サムシング・ヒー・キャン・フィール」がソウル・チャートでヒットした。だが、1970年代後半のディスコ・ブームの時代からは、ヒットに恵まれない時期が続く。また、1984年より深刻な飛行機恐怖症に悩まされ、海外公演を行うのが困難になり、来日公演は実現しなかった、。しかし、1980年代半ばに「Freeway of Love」、「I Knew You Were Waiting (For Me)」(全米1位、ジョージ・マイケルとのデュエットで、作曲はクライミー・フィッシャーのサイモン・クライミー)などがヒット。かなりポップな曲調で賛否両論があるが、人気を復活させたプロデューサー、ナラダ・マイケル・ウォルデンの手腕は高く評価された。1987年には15年ぶりのゴスペル・アルバム『One Lord, One Faith, One Baptism』を発表した。2003年のアルバム『So Damn Happy』をもって引退を表明したが、それを撤回してライブなど精力的に活動した。グラミー賞受賞回数は20回で、女性としては21回受賞のアリソン・クラウスに次ぐ記録である。2005年には、大統領自由勲章を受章。2009年1月20日、アメリカ合衆国第44代大統領バラク・オバマの就任式式典にて「My Country, 'Tis of Thee」("America")を祝唱した。アリスタ・レコードとの契約は2003年で終了した模様だが、2007年には過去のデュエット曲に新曲2曲を加えたコンピレーションアルバム『Jewels in the Clown』を発売。2008年には、書店チェーンのボーダーズ独占で、クリスマス・アルバム『This Christmas, Aretha』をリリースした。その後、自身のインディーズレーベルAretha Recordsを立ち上げ、2011年に『A Woman, Falling Out of Love』を発売した。2018年8月16日9時55分、膵臓がんのため、ミシガン州デトロイトの自邸で死去。






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif