FC2ブログ

永遠の夢に向かって反逆のアイドル

 

反逆のアイドル

反逆のアイドル














HJJHGHJG.jpg













Billy Idol

































ビリー・アイドル(Billy Idol)は、イングランド出身のロックミュージシャン、シンガーソングライター、俳優。パンクロック畑の出身で、ソロに転身後 ボーカリストとして大きな成功を掴んだ。主な代表曲に全米1位を獲得した「Mony Mony」(モニー・モニー)などがある。1976年にパンクロック・バンド「ジェネレーションX」を結成し、1978年にセルフタイトルのアルバム『GENERATION X』でデビュー。本国イギリスでの成功に加え、日本公演も行うが、3枚のアルバムを残して1981年に解散。1982年、アメリカ合衆国に渡り、ソロ時代の盟友となるギタリスト、スティーヴ・スティーヴンスと出会う。アルバム『BILLY IDOL』でソロデビュー。「WHITE WEDDING」や「DANCING WITH MYSELF」のビデオがMTVで話題となる。1983年に発表したアルバム『REBEL YELL』が数百万枚のセールスを上げスーパースターとなる。1986年『WHIPLASH SMILE』、1987年『VITAL IDOL』(編集盤)と秀作アルバムを発表。1987年のシングル「MONY MONY」が全米No.1を獲得。その後、スティーヴ・スティーヴンスが脱退するが、1990年のアルバム『CHARMED LIFE』も大ヒット。エレクトロニカを先取りした『CYBERPUNK』(1993年)は、商業的には失敗(全米トップ40に入らなかった)。同年ビリーのライブに、ジェネレーションXのメンバーが12年ぶりに集結し客演した。1994年、再びスティーヴ・スティーヴンスと共演したシングル「SPEED」(映画『スピード』の主題歌)がヒットするも、1996年にザ・フーのライブにゲスト出演したのを最後に、歌手としての活動は途絶える。2001年に音楽活動を再開し、2005年に12年ぶりのオリジナル・アルバム『Devil's Playground』を発表した。2006年、クリスマス・アルバム『Happy Holidays』を発表。収録曲のほとんどがスタンダード・ナンバー(「White Christmas」、「Silent Night」等)という内容であった。2014年、9年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『Kings & Queens Of The Underground』を発表。プロデュースはトレヴァー・ホーン(Trevor Horn)が担当。盟友のスティーヴ・スティーヴンス(Steve Stevens)が共作/ギターで参加している。1991年の『ドアーズ』、1998年の『ウェディング・シンガー』など、俳優として映画にも出演している。























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif