FC2ブログ
 

COVID-19

COVID-19














virus-hiv-htlv-1218-1400x800_convert_20200405094156.jpg













新型コロナウイルス国内感染の状況

































新型コロナウイルス感染症の流行では、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染による急性呼吸器疾患(COVID-19)の世界的流行について説明する。2019年12月に中国の湖北省武漢市で「原因不明のウイルス性肺炎」として最初の症例が確認されて以降、武漢市内から中国全土に感染が拡がり、中国以外の国と地域に拡大していった。2020年1月31日に世界保健機関(WHO)は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」を宣言し、2月28日にはこの疾患が世界規模で流行する危険性について最高レベルの「非常に高い」と評価し、3月11日、テドロス・アダノムWHO事務局長はパンデミック相当との認識を表明した。2020年4月1日現在180カ国に渡り、感染者883,225人、死者44,156人、回復者185,377人となった。疾患の原因はSARS-CoV-2と呼ばれるコロナウイルスで、中国の湖北省武漢市で初めて同定された。流行の影響は180以上の国と地域に及び、中国、韓国、イタリアやスペインを始めとした欧州、イラン、アメリカなどでは大規模な流行が発生している。これにより、世界各国の主要都市で相次いでロックダウン(都市封鎖・移動制限)が実施され、様々な社会・経済的影響も引き起こしている。SARS-CoV-2は主として、咳やくしゃみで出た呼吸器飛沫を介して、インフルエンザと同様の経路でヒトとヒトの間で感染する。感染から発症までの時間は通例5日であるが、人によって2日から14日までの幅がある[16][17]。感染しても無症状のまま経過することも多いが、症状としては発熱、咳、息切れなどを伴うことがある。合併症としては、肺炎や急性呼吸窮迫症候群などを伴うことがある。現在、この感染症に対してはワクチンや特効のある抗ウイルス治療薬が存在せず、研究が進められている。臨床では、症状管理および支持療法を主眼とした取り組みが行われている。推奨されている予防策としては、手洗い、病気にかかっている人との距離を保つこと、さらに感染が疑われる場合には14日間の自己隔離および経過観察を取ることなどが挙げられる。一方で、PCR検査で陽性反応が出て入院し、その後の検査で陰性となり症状も落ち着いたため退院したが、最初の発症から2週間以上経過して再び検査で陽性となったケースも出てきており、ウイルスの再活性化か別の型などの再感染の可能性が指摘されている。






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
au  ←au 【2020年04月】の更新記事一覧 →アビガン  アビガン
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif