FC2ブログ

永遠の夢に向かって今年の桜は・・・・

 

今年の桜は・・・・

今年の桜は・・・・














xik3bawzmccb6hmbnogp_convert_20200329121017.jpg














21hb-GV4ZtL.jpg
日本人が桜の花に惹かれる理由






























































日本人はなぜ「桜」をこんなにも愛するのか

心躍る春がやってきた。これまでたくさんの国を見てきたが、日本ほど豊かな四季に恵まれたところはない。雪月花に花鳥風月。天然の気候に動植物までが四季を装って心を華やぐ。それを感じ取る日本人の心も実に豊かだ。風物を愛(め)でるだけの遊覧であっても、「桜狩り」「蛍狩り」「紅葉狩り」などと称する言葉づかいに、自然への感受性の高さを感じる。春を告げる花といえば何でか?パリに春を知らせる花はミモザ(mimosa)。春とはいえまだ冷たい2月から3月ごろ、黄色の小さな花の群れがマルシェや花屋に現れ、季節の変わり目を感じる心を湧きたてる。冬を越え躍動する春への胸騒ぎか。3月8日は「国際女性デー」。国連は1975年以降この日を国際女性デーと定め、女性の完全で平等な社会参加の環境整備を世界各国に呼びかけている。国際女性デーは“ミモザの日”とも呼ばれる。男から女へ、あるいは女性どうしでミモザを贈る習慣が南欧ではあり、街中がミモザであふれる。春こそ女性の季節であることを体が知らせ、人々は胸騒ぎの春の訪れを大喜びしている。ほとんどの動物がもつ発情期の熾火(おきび)が、人間の女性に残っているのを感じる生命の季節だ。


「花」といえば「桜」

日本で春を知らせる花は梅か、それとも桜か? フランスのミモザのように季節に先駆ける花となれば梅。「花の姉」とも呼ばれて時を駆けるだけでなく、寒さを切り裂きにおい立つ香は凛然たるもの。唐代の人が牡丹に夢中となるまで、もっとも中国で人気があった花だった。奈良時代に編まれた『万葉集』の中で詠まれた梅は110首であるのに対して、桜は43首。しかし、平安時代になると日本人の人気は桜一辺倒となって、勅撰八代集の初めである『古今和歌集』では春の部133首のうち桜が74首で梅は26首、最後の『新古今和歌集』となると春174首のうち桜が135首で梅は17首という結果となる。こうして、花と桜は意味を同じくするようになった。奈良時代から平安時代になって日本人の好みが変わったのではおそらくなく、桜が好きであることは変わらないのだ。ただ、飛鳥時代に海の向こうから渡来した文明の摂取に懸命となっていたので、海の向こうのものはなんでも尊いと思うしかなかった。あたかも明治の御一新で西洋崇拝に陥り、金髪碧眼ワンダフルとなったのと同じでだ。桜のどこに美しさを感じるか? 「花は桜木、人は武士」という言葉がある。武士の潔さは死に際にあり、桜もまた散り際が見事であるから美しいとされるのが通説。ただ、これが本当だとは思えない。桜の美しさをうたった歌の白眉は本居宣長の「敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花」だと思う。戦前戦中の人でこの歌を知らない人はいない。この歌は日本国のために強いられた死で散った、多くの若者を悼むものとして記憶されている。まさに「歌書よりも軍書に悲し吉野山」だったのだ。散華(さんげ)という語は、辞書で引いてみると「仏を供養するために花を散布すること、またその花」とあるが、末尾に「誤って、華と散ると解し、戦死を指していう」という語義が載っている(『広辞苑』)。人は若くして散った命を哀惜して、誤用を自覚しつつ死を美しく飾るために使ったのだ。けれど、散華が陶酔を呼び覚まし、戦意高揚につながったことも否定できない。ただ、宣長の込めた意味は違う。『玉勝間』の中で「花はさくら。桜は山桜の葉赤くてりてほそきが、まばらにまじりて、花しげく咲きたるは、またたぐふべき物もなく、うき世のものとも思はれず」と書き、花の散り際には触れずに、満開こそ美しく、敷島の歌も「ただうるはしい」と述べている。朝日に照り映えて咲きほこる山桜の美しさこそ、日本人の心なのだ。花は咲いてこそ花であり、花の美しさを表現することができる。人間も生きて生き抜いてこそ、他者と協働して自らのレゾンデートルを発揮できると思う。散るのが美しいとすれば、生き抜いてこそなのだ。そして、美しさは力となる。梶井基次郎は「桜の樹の下には屍体が埋まっている」と書いた。桜が狂気なのではない、桜の美しさが度を超しているだ。ナイーブな感受性は、美しさにおののき狼狽する。ここにおいて美は力に転じ、暴力性をも有することとなる。なんとセンシュアルなことか。美しいがゆえに強い、これが大和心すなわち日本人の心なのだが・・・・


日本の花見を海外メディアが報道「警告にも関わらず…」

新型コロナウイルスの感染拡大への懸念が世界的に強まる中、東京の桜が3月22日に満開になった。好天に恵まれた3連休は、各地で家族連れやカップルなど小規模な花見客で賑わったが、海外からは懸念の声も上がっている。AFPが3月22日に配信した動画では、上野公園の桜の下を行き交う人々の姿に「新型コロナウイルスにも止めらない」というテロップをつけた。アルコールを片手に「桜最高!日本人で良かった」と宴会するグループの様子を「政府からの警告にも関わらず、酒を飲むために集まった」と伝えた。取材に応じた男性の「思ったよりも人がいる。いつもだったら毎週(花見)をやっていたけれど、今日だけと決めて来た」というコメントも紹介されている。ウェザーニュースが3月2〜3日に行なった調査では、新型コロナの影響で今年の花見を「控える」と回答したのは39%にとどまっている。「例年通り花見をする」は28%、「花見はするが一部変更」と回答したのは33%で、人混みを避けるなどの対策は取るものの花見自体は行うとする回答が多数を占めた。


海外では外出禁止令違反の取り締まりも

世界各国では、新型コロナウイルス感染症をめぐる対応を強化している。外出禁止や自宅待機を求める動きは、フランスやイタリアなど欧米をはじめ世界各国に広がり、外出禁止令に違反した人への取り締まりも続いている。イギリスでも3月23日にジョンソン首相が、公共の場で3人以上が集まることを禁じる「外出禁止令」を発令し、違反者には警察が罰金を科したり解散命令を出したりすると警告。これに先立ち、パブなどの飲食店や劇場などの社交場には閉鎖も要請されている。WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は23日の定例記者会見で「パンデミックは加速している」と述べた。


小池知事「ロックダウン」の可能性に言及

一方、日本では自粛ムードが緩みつつあるようだ。3月19日の専門家会議では大規模イベントの開催について「主催者がリスクを判断し、慎重に対応を求める」としたが、3月22日にはさいたまスーパーアリーナで格闘技イベント「K-1 WORLD GP」が開かれ、約6500人が観戦したという。東京都が公表している朝の通勤時間帯の都営地下鉄の利用者数は、2月25日以降減少を続けていたが、3月16〜18日には3週間ぶりに増加している。東京都では3月23日に新たに16人の新型コロナウイルス感染が確認された。小池百合子都知事は同日の定例記者会見で「今後3週間がオーバーシュートが発生するか否かの大変重要な分かれ目」としたうえで、「今後の推移によっては、都市の封鎖、いわゆるロックダウンなど、強力な措置をとらざるを得ない状況が出てくる可能性がある。何としても避けなければならない」と気を引き締めるよう呼びかけている。


お花見特集2020

桜開花・満開情報 2020

桜開花・名所情報2020

花見特集2020




















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif