FC2ブログ
 

Passion Flower

Passion Flower














5sdssssss.jpg















PASSION FLOWER


















































カテリーナ・ヴァレンテが日本で火をつけた

世界に誇る正真正銘のエンタテイナー、ヴァレンテは31年パリで生まれている。両親はイタリアのサーカス団員。おかげで彼女はヨーロッパ中を旅し、歌を、芸を覚え、ついには英、独、伊、仏、西語を自由に操られるようになった。1953年歌手デビュー、数々のヒットを放つと共に映画、ミュージカルで活躍した。日本でもピーナッツとの共演や日本語による 「ウナ・セラ・ディ・東京」 「恋のヴァカンス」 のヒットなどで多くのファンをもち、 その美貌と歌声は永遠の輝きを放っている。カテリーナ・ヴァレンテはスペイン系の父とイタリア人の母の間にパリで生まれる。10代からステージに立ちドイツのバンド専属歌手になって世界的名声を得た。同年ザ・ピーナッツが日本語でカバーして日本でも大ヒットした。この彼女が逆にザ・ピーナッツの持ち歌を日本語でカバーしてヒットした曲もいくつかある。「情熱の花」(じょうねつのはな)は、1959年にザ・ピーナッツの歌唱で日本で発表された国外楽曲カヴァーの楽曲である。この曲はベートーヴェンの「エリーゼのために」のメロディをアレンジの上で使用している。アメリカのグループ、ザ・フラタニティ・ブラザーズ(The Fraternity Brothers)[1]が1957年に発売し翌年にイタリアでヒットした「PASSION FLOWER」を、ヨーロッパの歌手であったカテリーナ・ヴァレンテ(英語版)が1959年にフランス語盤「Tout L'Amour」及びドイツ語盤「Rote Rosen werden blüh'n」としてカバーしたものを、同年にザ・ピーナッツが「Tout L'Amour」を底本として孫カバーして日本語に訳詞されたものを発表した。歌詞は「ララララー…小さな胸に」より始まるものと、「ララララーラー…私の胸に」で始まるものとの合計2種類が存在している。どちらも発表された1959年に作成されたものである。レコードに収録されたものは前者の歌詞のものが多かったが、同年に発表された同名の映画や『第10回NHK紅白歌合戦』では後者の歌詞で歌われた。なお、日本語訳の歌詞を2種類作成した意図等については現在に至るまで明らかにされていない。1967年に曲調を変更して再録音されたものも発表された。前者/後者の歌詞によって歌われた楽曲共に、現在でも全曲集に収録されることが多い。なお、全曲集は後者の歌詞で収録されている事例が多い。なお、ヴァージョンは複数あることがザ・ピーナッツCDの解説書や各文献により確認されている。





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
Good Timin'  ←Good Timin' 【2020年03月】の更新記事一覧 →Short Shorts  Short Shorts
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif