FC2ブログ
 

Good Timin'

Good Timin'














c018454_convert_20200329105842.jpg














Good Timin' - JIMMY JONES



























ステキなタイミングとは、1960年に発表された楽曲。原題は「Good Timin'」、別邦題「グッド・タイミング」。原曲はアメリカ合衆国アラバマ州出身の歌手であるジミー・ジョーンズが発表した「Good Timin'」(「ステキなタイミング」、「グッド・タイミング」)である。同曲はBillboard Hot 100で最高3位を記録した。作詞・作曲はフレッド・トビアスとクリント・バラード・ジュニア。日本では同年にこの楽曲を草野昌一が飯田久彦に歌わせていたが、坂本九のほうが似合うという判断により、坂本九のレパートリーとして加えられ、ステージで歌われていた。ダニー飯田とパラダイス・キングのシングル「ビキニスタイルのお嬢さん」のB面を埋める曲として「ステキなタイミング」の邦題で、坂本九のメインボーカルでレコード化して発売された。時間が足りなかったため、急遽草野が「漣健児」のペンネームで自ら日本語の訳詞を手がけることとなった。草野が「漣健児」のペンネームを使用したのはこれが最初である。B面の楽曲であったが、既に「悲しき六十才」のヒットで人気を確立していた坂本九のメインボーカル曲を売り出す目的で、曲直瀬信子の指示によりテレビではA面の楽曲「ビキニスタイルのお嬢さん」ではなく「ステキなタイミング」が演奏されるようになる。そのこともあって、発表当初は「ビキニスタイルのお嬢さん」以上の人気を博した。2000年代現在でもこの楽曲の人気は衰えておらず、CDアルバムやCD-BOXに収録されている事も多く、懐メロ番組でも取り上げられる事も多い。





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif