FC2ブログ

永遠の夢に向かってジョー・ディマジオ

 

ジョー・ディマジオ

ジョー・ディマジオ














dimaggiupscale_convert_20200328060028.jpg













ニューヨーク・ヤンキース




























ジョー・ディマジオ(Joseph Paul DiMaggio, 1914年11月25日 - 1999年3月8日)は、MLBの元プロ野球選手(外野手)。カリフォルニア州マーティネズ出身。ニックネームは「ヤンキー・クリッパー(The Yankee Clipper)」「ジョルティン・ジョー(Joltin' Joe)」。右投右打。56試合連続安打のMLB記録保持者。ジョー・ディマジオは漁師ジュゼッペ・ディマジオの四男(9人の兄弟姉妹の中で8番目)として生まれた。父ジュゼッペと母ロザリーはシチリア出身の貧しい移民夫婦であったが、5人の息子の内ジョーを含め3人のメジャーリーガーを輩出した。1932年10月、兄のビンス・ディマジオが所属していたパシフィックコーストリーグのサンフランシスコ・シールズと契約。この年はシーズン終了間際だったので3試合に出場したのみだったが、翌1933年は187試合に出場、5月27日から7月25日まで61試合連続安打を記録[3]するなど打率.340、259安打、28本塁打を記録した。1934年はシーズン途中で膝を故障。シーズン後、チームはニューヨーク・ヤンキースとの間でディマジオ1人と、4人+5,000ドルを交換するトレードを成立させた。1935年はケガをした膝の具合を見る意味もあり、そのままシールズでプレーする。172試合で打率.398、34本塁打、154打点を記録してリーグMVPとなった。ベーブ・ルースの引退後の1936年、ヤンキースからメジャーリーグにデビューし、打率.323、29本塁打、125打点とルースの穴を埋めて余りある成績を残した。ルー・ゲーリッグがシーズン途中で引退した1939年には、いずれも初のMVPと首位打者に輝き、両雄の居なくなったヤンキースのナンバーワン・プレイヤーとなる。1936年から1939年までのチームのワールドシリーズ4連覇に大きく貢献した。1941年には56試合連続安打を達成。この連続試合安打記録はメジャー記録であり、現在も破られていない。期間中の安打数は91で、4安打が4試合、3安打が5試合、2安打が13試合、1安打が34試合であった(なお、57試合目で3打数0安打で記録が途絶えた次の試合から再び16試合連続で安打を放っている)。その後も本塁打王や打点王を獲得するなど活躍。ヤンキース一筋で、現役の間、チームの9回のワールドシリーズ制覇に大いに貢献した。全盛期の期間に第二次世界大戦の従軍で3年間プレーしない時期があったこともあり、実働期間は13年と短かったが、球界を代表するスーパースターとして活躍し続けた。1950年11月1日、レフティ・オドールらとともに来日。日本で野球のデモンストレーションを行うことと朝鮮半島に展開する国連軍への慰問などを目的としたものであった。東京では、ダグラス・マッカーサーへの表敬訪問を行ったほか、朝日新聞を訪問して市民への挨拶を行うなど、同月13日に福岡から朝鮮半島へ向かうまで各地の行事に出席した。1951年に現役引退。ディマジオの背番号5は、引退と共にヤンキースの永久欠番に指定されている。現役引退後は後進の指導を中心に力を尽くし、故郷に近いオークランドにアスレチックスが移ってきた当初の2年間はコーチを務めている(この時の縁で、ディマジオの死後、臨時コーチ時につけていた背番号5が一時アスレチックスのホームスタジアムに掲げられた)。1968年に大洋ホエールズ、1975年にはロッテオリオンズで春季キャンプ臨時コーチを務めた。死の前年まで、古巣ヤンキースの開幕戦始球式はディマジオの務めであり、また後輩のヨギ・ベラとジョージ・スタインブレナーオーナーの対立においても仲裁に動くなど、非常に大きな影響力を持っていた。また、1995年にカル・リプケンがかつてのチームメイト、ルー・ゲーリッグの連続試合出場記録を破った2131試合目のオリオールズ戦に来賓の一人として招かれ、記録更新に立ち会った。試合後のセレモニーでは「ルー(ゲーリッグ)はここには来れないけれど、きっと君(リプケン)にお祝いを言うだろう」とコメントしている。他にも引退後にはコーヒーメーカーMr. Coffee社のCMに起用され、「ミスター・コーヒー」とあだ名がつけられた。 そのディマジオの人生の成功ぶりは「アメリカ人の成功者の中で、生まれて一度もレストランや飛行機の予約をしたことがないのはディマジオだけだ」、「ビートルズのメンバー以外では最高にリッチな人生を送った」とアメリカで語られるほどであった。ヘンリー・キッシンジャーなど国内の元政府関係者が彼のファンであった。また、引退後も政府主催の公式パーティーに招かれるほど公的な知名度も高く、ソ連のゴルバチョフが彼のサインを求めたなどの逸話が残る。晩年は、呼吸器疾患から気候のいいフロリダ州ハリウッドに居を移して生活していた。1999年3月8日、肺がんのため同地で逝去した。近年になって、生前にシチリア・マフィアとの関係があったことが明るみに出ている。






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif