FC2ブログ

永遠の夢に向かって "GOD SAVE THE QUEEN"

 

"GOD SAVE THE QUEEN"

"GOD SAVE THE QUEEN"














20181003143911.jpg












SEX PISTOLS セックス・ピストルズ ユニバーサル公式サイト



























「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」(God Save the Queen)は、イギリスのパンク・ロック・バンド、セックス・ピストルズが1977年5月27日に発表した楽曲。バンドにとって2作目のシングルで、グレン・マトロック脱退後としては初のリリースとなった。また、後にリリースされたアルバム『勝手にしやがれ!!』にも収録された。イギリス国歌と同名異曲であるが、グレン・マトロックによれば、この曲が1976年に作られた当時は「ノー・フューチャー」と呼ばれていたという。そして、1977年1月にデイヴ・グッドマンのプロデュースにより「ノー・フューチャー」というタイトルでレコーディングされ、この時のヴァージョンはブートレグ・アルバムの『スパンク』(後に正規発売される)に収録された。しかし、翌月にはグレン・マトロックがバンドを脱退。その後、クリス・トーマスのプロデュースでレコーディングを行い、3月9日に「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」のリミックスが行われて、バンドは同日にA&Mレコードとの契約を得た。当初はA&Mレコードから、「分かってたまるか (No Feelings)」をB面に収録してリリースされる予定だった。しかし、契約から1週間後の3月16日に、バンドはA&Mとの契約を破棄されてしまう。最終的にはヴァージン・レコードと新たに契約を得て、「ディド・ユー・ノー・ロング」(『勝手にしやがれ!!』には未収録)をB面に収録した形でリリースされた。なお、イギリスの雑誌『Record Collector Magazine』が2012年に行った、世界で最高額のレア・コレクター盤の調査によると、A&Mの「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」のアセテート盤が3位(1万ポンド)、A&M盤シングル「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」が4位(8千ポンド)であった。また、2012年に発売された『勝手にしやがれ!!』35周年記念ボックス・セットには、シングル「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」のA&Mヴァージョンの複製が付属している。「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」は、BBCによって日中は放送禁止の措置を取られるが、1977年6月4日付の全英シングルチャートで初登場11位となり、翌週には2位を記録する。ただし、本作がヒットしていた当時のイギリスはエリザベス2世の即位25周年に湧いており、この曲はそうしたムードに相応しくなかったため、本作の1位獲得は計画的に阻止されたという説がある。なお、『NME』誌のチャートでは本作が1位を獲得した。また、この曲はイギリス国外でも大ヒットしている。スウェーデンのアルバム・チャートでは2週連続で2位となり、ノルウェーのアルバム・チャートでは15週連続でトップ10入りして、最高3位に達した。日本においても、「英国との国際親善を害する」という理由で日本民間放送連盟による要注意歌謡曲指定を受け、制度が失効する1988年まで放送禁止となるAランク適用を受け続けた。その後、2002年にはエリザベス2世の即位50周年にぶつける形で再発シングルが発売され、全英シングルチャートで15位を記録。また、2007年10月13日付の全英シングルチャートでも再登場して42位を記録している。






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif