FC2ブログ

永遠の夢に向かって『私をスキーに連れてって』

 

『私をスキーに連れてって』

『私をスキーに連れてって』
















25017033n.jpg














恋人がサンタクロース


































『私をスキーに連れてって』は、1987年11月21日に公開されたホイチョイ・プロダクション原作、原田知世主演の日本映画である。『彼女が水着にきがえたら』『波の数だけ抱きしめて』と続くホイチョイ三部作の第1作。略称「私スキ」。スキーシーンを語る上で欠かせない映画である。第2回東京国際映画祭ヤングシネマ1987コンペティションへ出品された。本作品内のスキー指導は、元アルペンレーサーの海和俊宏が行っており、本人が劇中にも登場している。また登場人物の矢野文男のスキーの滑走場面での一部のシーンの吹き替えは、当時のトップデモンストレーターである渡部三郎が務めた。総合商社「安宅物産株式会社」に勤める矢野文男は、会社では冴えない商社マン。高校時代からのスキー仲間とゲレンデへ出ても奥手の文男は女性と喋れず、仲間が連れて来る女性にも全く興味をもたない。ところが一旦ゲレンデに出れば、誰もが舌を巻く名スキーヤーになる。クリスマスイブ、文男は志賀高原でスキー仲間の泉和彦・小杉正明・羽田ヒロコ・佐藤真理子と滑走していると、雪に埋もれ、もがいている女性・池上優を見つける。文男と泉が助け出した瞬間、文男は彼女に一目惚れしてしまう。それに気づいたヒロコと真理子は優と文男を強引にくっ付けようとする。実は 優は文男と同じ安宅物産の秘書課のOLだった。優と文男は交際を始める。だが文男はスポーツ課で発売を控えたスキー用品「SALLOT(サロット)」の仕事で残業が続き、優と会えない日が続く。ヒロコ達はバレンタインデーに志賀高原スキー場で遊ぶことを計画。当日、文男は仲間のために発表前のSALLOTのスキーウェアを持ち込みスキーを楽しむ。 しかしこの日、万座温泉スキー場でのSALLOTお披露目会場に製品が届いていないというトラブルが発生。これを聞いた優は一人でスキーで飛び出す。優が万座までの危険な山越えルートを目指したと聞いた文男は急いであとを追う。泉、小杉も加わり四人は夜間の山越えを強行する。ようやくたどりついた万座の会場には誰もおらず、間に合わなかったと思われたが、外のステージでは車で駆け付けたヒロコと真理子がカメラに囲まれポーズをとっていた。ステージの上で優は文男にバレンタインチョコを渡す。













ca1dc2717ee2db1124cf29410400765.jpeg






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif