FC2ブログ

永遠の夢に向かってチャーリー・ダニエルズ

 

チャーリー・ダニエルズ

チャーリー・ダニエルズ














WesternXZZ.jpg














チャーリー・ダニエルズ



























ザ・デヴィル・ウェント・ダウン・トゥ・ジョージア(The Devil Went Down to Georgia)

チャーリー・ダニエルズの名で活躍するチャールズ・エドワード・ダニエルズ(Charles Edward Daniels)はアメリカのミュージシャン、シンガーソングライター、ギタリスト、フィドル奏者。1950年代に活動をスタートし、長きにわたってカントリー・ミュージック、サザン・ロックの分野で活躍。カントリー・チャートのNo.1に輝いた "The Devil Went Down to Georgia" をはじめとしたいくつかのヒット曲で広く知られている。また見栄えのある太鼓腹を持つ巨漢でもある。1950年代から歌手・ギタリストとして活動を始める。1964年、エルヴィス・プレスリーがレコーディングすることになる "It Hurts Me" をジョーイ・バイヤーズと共作する。プロデューサーであるボブ・ジョンストンの下、ナッシュビルでセッションミュージシャンとして活動し、1969年から1970年にかけてボブ・ディランやレナード・コーエンのアルバムにも参加した。1971年に初のソロ・アルバム "Charlie Daniels" をリリース。1973年の2ndアルバム "Honey in the Rock" からシングル・カットされた "Uneasy Rider" がビルボードHOT100の9位にまで上昇する初ヒットとなる。またこの時期にはマーシャル・タッカー・バンドのセミ・レギュラーとなり、彼らのアルバムの多くにフィドル奏者として参加した。1974年には、現在まで続くダニエルズの代名詞ともいえるボランティア・ジャム(en:Volunteer Jam)の第1回目を開催する。1980年代後半に3年間中断した以外、このイベントは毎年必ず開催された。1975年には "The South's Gonna Do It Again" がトップ30ヒットになったほか、"Long Haired Country Boy" もマイナー・ヒットとなる。ハンク・ウィリアムズ Jr. (en:Hank Williams, Jr.) の "Hank Williams, Jr. and Friends" にもフィドル奏者として参加。1979年、"The Devil Went Down to Georgia" でグラミー賞の「ベスト・カントリー・ボーカル」部門を受賞。この曲は翌年、ジョン・トラボルタ主演の映画『アーバン・カウボーイ』に使用され、カントリー・ファン以外の聴衆にも広く知れ渡り、ジャンルを超えた成功を収めた。ダニエルズは彼自身の役でこの映画に出演もしている。1980年、ジェシー・ジェイムズを題材にしたカントリー・ミュージックによるコンセプトアルバム "The Legend of Jesse James" に参加。同年の "In America"(11位)、"The Legend of Wooley Swamp"(31位)や1982年の"Still in Saigon"(22位)はポップ・ヒットともなった。1990年代に入っても数枚のアルバム、シングルをカントリー・チャートに送り込んでいるほか、ゴスペルや宗教音楽のアルバムをリリース。2000年、ブラッド・ジョンソン主演の映画『アクロス・ザ・ライン』(Across the Line) の音楽を担当。2001年にはUPSのテレビCMに出演した。2005年10月にはBMIカントリー・アワードを受賞。2006年にはリトル・リチャード、ブーツィー・コリンズらとハンク・ウィリアムズ Jr. のバックバンドを編成し、「マンデーナイトフットボール」のオープニングに登場した。2007年11月、マルティナ・マクブライドに誘われてグランド・オール・オプリのメンバーとなる。現在も精力的に活動を続け、自身のステージのほか、他の歌手の作品の楽曲の提供や参加、テレビCMや映画音楽等、幅広く活躍している。






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif