FC2ブログ

永遠の夢に向かってダグラス・トンプキンス 1

 

ダグラス・トンプキンス 1

ダグラス・トンプキンス 1














image1_convert_20200209122358.jpg














THE NORTH FACE



























スキーに明け暮れた青年時代

ダグラス・トンプキンスは本名をダグラス・ラインズフォード・トンプキンス(Douglas Rainsford Tompkins)といい、人気アウトドアブランドであるザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)の創業者です。ダグラス・トンプキンスは1943年3月20日にオハイオ州で生まれました。12歳でロッククライミングを始めた彼は、スキーや登山にのめり込んでいきます。17歳になると、高校を卒業しないまま、コロラドへ渡ります。ヨーロッパや南米では、働いて資金を貯め、スキーに明け暮れていきました。


ノースフェイスのスタート

1964年にサンフランシスコで結婚し、1966年にはスージー・トンプキンス(Susie Tompkins Buell)とともに、スキーやバックパック用品を取り揃えた小さなお店をオープンさせました。これがノースフェイスです。


冒険映画の制作

寝袋をセットにしたバックパック、登山テントなどを販売しますが、2年後にはノースフェイスを売却し、冒険映画「Fun Hog」を作り始めました。リフォルニア州・ベンチュラを出発し、南米・ティエル・デル・フエゴまで車を走らせ、サーフィン、スキー、登山をしながら旅をする様子を、16mmカメラで収めたもので、現在でも伝説の冒険映画ともいわれています。後の2010年には、追体験として、若き冒険家ジェフ・ジョンソンのドキュメンタリー映画、「180°SOUTH」が公開されました。


自然保護主義者として活躍

1968年には、妻と一緒にエスプリ・ホールディングス(esprit holdings)というブランドを立ち上げました。このブランドは世界60か国に進出する人気ブランドへと発展しましたが、1989年にはエスプリも売却し、ビジネスから身を引いています。その理由として、ファッション業界が環境へ悪影響を及ぼしていることを懸念したことが挙げられています。「必要のないものを人々に売るのは止めた」「この業界に意味はない」という発言からも、彼のミニマリストとしてのスタイルや、環境への関心が伺えます。その後、彼は自然保護主義者として活躍しました。チリ南部へと移住し、自然環境や生物多様性の保全に尽力します。チリやアルゼンチンで、広大な土地を購入し、環境保護に努めた彼の行動は、賛否両論を巻き起こしましたが、2007年、2008年、2012年に環境に関する様々な賞を受け、称賛を受けています。2015年12月8日、ノースフェイスの創業者、ダグラス・トンプキンスはアルゼンチンの湖でカヤックに乗っていたところ、強風と高波によって転覆し、低体温症が原因で亡くなりました。72歳でした。






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif