FC2ブログ
 

ゲーム電卓

ゲーム電卓














maxresdefccccccault.jpg














ゲーム電卓 | 一般電卓 | 電卓 | CASIO



























ゲーム電卓は、卓上電子計算機にコンピュータゲームの機能を盛り込んだ多機能化商品。1980年代の電子ゲーム流行の際に大手電卓メーカー等から発売された。通常、電卓は7セグメントディスプレイの液晶などによる表示機能を持っているが、ゲーム電卓ではこの表示の画面を使ってゲームをさせるというものである。はじめに同商品カテゴリを築いたのはカシオ計算機で、1980年に発売されたMG-880「デジタルインベーダー」(4,900円)という商品で、これは垂直軸を座標値でのみ表示するインベーダーゲームのようなものだった。初期のものではボードゲームにある海戦ゲームのように、数字の表示を仮想的な座標に置き換えた物が主であったが、後に電子ゲームと同じ様にゲーム表示用の専用セグメント(表示枠)を備えた製品も登場し、通勤途中や昼食休みのサラリーマンなどが遊ぶ姿も見られ、このブームに乗じて同じ電卓メーカーのシャープも参入したが、当然電卓の基本機能も載せている事から、当時急速に低価格化の進んだ電卓の中にあっては、やや高価な部類であった。これらの電卓は、音を出す電卓や、時計機能を備えた電卓など、多機能化の一環でさまざまな電卓の方向性が模索された時代でも在ったため、その一過性のブームに乗って販売されていたが、電子ゲームほどには明確なユーザー層が存在していなかった事もあり、あまり多くの種類が発売されないまま、1980年代後半には一端、姿を消している。しかしカシオ計算機は1990年代にもゲームボーイ等の携帯ゲーム機人気に目をつけ、再びこれに類する物を発売したが、やはり明確な市場を築けなかった。その後では変り種電卓として細々と命運を繋ぐ一方、占い機能等を搭載した電卓も見られ、これらは稀にコミュニケーションツールとして愛用する向きも見られた。消費市場全体で、シンプルな往年のヒット商品が再評価される傾向を受けて、カシオ計算機は2018年3月、シューティングゲームを楽しめる復刻版として「ゲーム電卓SL-880」を発売した。近年では、パソコンやPDA上でゲーム機能を再現するソフトウェアも各方面から発表されている。




















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif