FC2ブログ

永遠の夢に向かってアーロン・ネヴィル

 

アーロン・ネヴィル

アーロン・ネヴィル













8fdbe5f0b7076a3dcc25c7c94b51455c.jpg












O, HOLY NIGHT - Aaron Neville


























アーロン・ネヴィル (Aaron Neville) は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のR&Bシンガー。ネヴィル・ブラザーズのメンバーの一人として知られるが、メンバーの中では最も早くからソロ・アーティストとしても成功を収めている。ヨーデルを彷彿させる甘い独特な美声を持つ。アイヴァン・ネヴィルの父親である。ネヴィル四兄弟の三番目としてニューオーリンズに生まれた。ドリフターズ、プラターズなどに影響を受けたアーロンは、ヴォーカル・グループのアヴァロンズで2年ほど活動した後、兄のアートのホーケッツでも活動した。1960年、ミニット・レコードより"Over You"でソロ・デビュー。これがR&Bチャートの21位を記録するヒットとなった。同レーベルではアラン・トゥーサンのプロデュースの下で1962年までレコーディングを重ねた。1967年には、ミニット音源がLPLike It 'Tisとしてリリースされている。アーロンの最大のヒットとなったのは、ミニットを離れたのち、パーロ・レーベルから1966年に放ったシングル"Tell It Like It Is"であった。翌1967年、R&Bチャートのトップに輝き、ポップ・チャートでも2位を記録している。このヒットで勢いに乗るかに見えたが、この後パーロからのヒットは続かなかった。この後アーロンは、弟シリルとともにソウル・マシーンを結成し活動するかたわら、インスタント、マーキュリーなどにレコーディングをした。1977年、アート、チャールズ、シリルらとともにネヴィル・ブラザーズを結成し活動を開始した。これ以降もグループでの活動と平行して、ソロ活動も続けている。1989年には、リンダ・ロンシュタットのアルバムCry Like a Rainstorm, Howl Like the Windに参加。このアルバムに収録された"Don't Know Much"、"All My Life"の2曲がそれぞれ1990年、1991年のグラミー賞ベスト・デュオ賞を受賞した。1991年、ロンシュタットのプロデュースによりA&Mレコードからの第一弾、Warm Your Heartをリリース。以後同レーベルからは、計5枚のアルバムをリリースしている。また、1992年にはケニー・GのアルバムBreathlessに収録された"Even If My Heart Would Break"にゲスト参加しており、この曲は同年公開の映画『ボディガード』のサウンドトラックで使用された。2005年のハリケーン・カトリーナによってニューオーリンズの自宅が全壊し、アーロンはナッシュヴィルへと避難した。カトリーナ後のニューオーリンズの汚染された空気が持病の喘息に悪影響を与えるとの医師の判断から、アーロンは暫くニューオーリンズに戻らなかった。その後、2008年のニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルにおけるネヴィル・ブラザーズ公演で故郷への凱旋を果たした。2013年1月、ドン・ウォズとキース・リチャーズの共同プロデュースによるブルーノート・レコード移籍第1弾アルバム『マイ・トゥルー・ストーリー』を発表。




















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif