FC2ブログ

永遠の夢に向かってカリフォルニアの青い空

 

カリフォルニアの青い空

カリフォルニアの青い空












imgrc0089002127.jpg













Albert Hammond - It Never Rains In Southern California



























アルバート・ハモンド(Albert Hammond、1944年5月18日 - )は、イギリス出身のシンガーソングライター。「カリフォルニアの青い空」「落葉のコンチェルト」のヒットで知られる。息子はザ・ストロークスのアルバート・ハモンドJr.。ジブラルタル出身の両親が第二次世界大戦の影響で避難していたロンドンで生まれる。大戦後にジブラルタルへ戻り、幼少期を過ごす。1960年にジブラルタルでThe Diamond Boysというバンドを組んでいたが、あまり成功しなかった。しかしジブラルタルに近いスペインの音楽シーン(Miguel Ríosなど)には影響を与えたといわれている。1969年にはイギリスのボーカルグループ、The Family Doggに参加。同グループの「A Way of Life」はUKでトップ10ヒットを記録した。1970年代に入り、アメリカ合衆国に移住。1972年に「カリフォルニアの青い空」がビルボード最高位5位、年間33位を記録した。その後、「フリー・エレクトリック・バンド」や「落ち葉のコンチェルト」などが日本でヒットした。また、作曲家としてはホリーズの「安らぎの世界」、レオ・セイヤーの「ウェン・アイ・ニード・ユー」、カーペンターズの「青春の輝き」などがヒットした。1981年には「風のララバイ」が、日本で小ヒットした。2000年に、大英帝国勲章を授与された。



















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
パール  ←パール 【2019年11月】の更新記事一覧 →カントリーロード  カントリーロード
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif