FC2ブログ
 

パール

パール














s-l1000dssdsdsds.jpg














パール楽器製造株式会社



























パール楽器製造株式会社

ドラム・セットの歴史は、アメリカのジャズの歴史と重なり合っています。アメリカ南北戦争で使われた軍楽隊の古楽器が民間に払い下げられて、その古楽器たちを使ったマーチング・バンドが誕生したのが発端です。マーチング・バンドが酒場などのステージで演奏するまで発展していくうちに、それまでは3~4人で担当していた打楽器を1人の演奏者が器用に叩き始めたのがきっかけで、ドラム・セットというものが誕生したのだそうです。そこから、様々なドラマーが手を加えながら少しずつ現在のドラムの形に整っていったのではないかと考えられます。1950年代になると、イギリスやアメリカの若者たちに支持されてロックが世界中に広まっていき、それはもちろん日本にも大きな影響を与えベンチャーズやビートルズに憧れた数多くのバンドが誕生していったのです。そうなるとドラムの需要も高まり、ムラヤマ、グレイシー、クルーパ、ニッカン、フジ、ケント、ネギ、パール、ヤマハなどのメーカーは、この頃から操業を始めました。パールは1960年代、世界に先駆けてファイバー・シェルを開発したことで一躍有名になりました。これは湿度の高い日本の気候条件でも悪い影響を受けない画期的な製品でした。1970年代に入ると、ファイバー・グラス製のシェルが開発され、耐久性が向上するとともにパワフルで余韻が長い響きを獲得しました。この頃から、パール・ドラムは世界中のドラマーに使用され始め、高く評価されました。1980年代には、製品広告を兼ねたドラム情報誌「フィル・イン」が発行され、ドラム・ショップなどで無料配布されました。そこで紹介されるプロドラマーの練習方法や奏法分析、新製品の紹介などが若きドラマーたちには大好評だった。海外のドラム・ショップでは、パールをはじめとする日本メーカーのドラムは高級品。アメリカのドラムを見よう見まねで作り始めて半世紀、日本のドラム・メーカーは立派です。サウンド、機能、デザイン、全てを高度なレベルで進化させたパールドラムス、今日活躍するフルーティストのあらゆる要望に応える独創性と確かなつくりのパールフルート、打楽器の専門メーカーとして半世紀以上の歴史と実績を誇るパール。パール楽器製造株式会社(Pearl Musical Instrument Co.)は日本の楽器メーカー。打楽器やフルートを製造する。1946年に設立。世界中で数多くの著名ミュージシャンが愛用していることで知られる。












productphot20-49e0-43.jpg

























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif