FC2ブログ

永遠の夢に向かってビリー・アイリッシュ

 

ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ












Hollywooame.jpg











ビリー・アイリッシュ - スペシャルサイト Billie Eilish - Special Site











































通算9週で第2位となっていた17歳ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)のポップ・トラップ「bad guy」が今週発表の全米ビルボード総合ソングチャート「Hot 100」で自身初の「Hot 100」首位を獲得(Billboard、※2019年8月24日付)。19週連続首位に歴代最多首位記録(記事)を更新していたLil Nas X(リル・ナズ・X)とビリー・レイ・サイラス(Billy Ray Cyrus)によるカントリー・トラップ「Old Town Road」の連続首位を止め、ビリー・アイリッシュ(2001年12月18日生まれ)が21世紀生まれのアーティストとして史上初めて「Hot 100」首位を獲得しました。先月にはジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)とのリミックス「bad guy (Remix)」もリリースしている「bad guy」は、Darkroom/Interscope Recordsより今年3月にリリースされ「Billboard 200」初登場首位から今週までトップ5をキープしているビリー・アイリッシュのデビュー・アルバム『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』(記事、※2019年4月13日付〜/通算3週首位)より5曲目となる最新シングル。Billboardの発表によると、先週まで通算9週で第2位となった同曲は、全米首位になるまで統計開始以来最多の第2位を記録。今回悲願の「Hot 100」初首位にビリー・アイリッシュはInstagram Storyで「私たちついにやったわね」(”AYYYYYEEEE WE MADE IT”)。そのコー・ライター/プロデューサーで兄のFinneas O’Connellは「なんてことだ」とツイート。社会現象を巻き起こし今月TIME誌(August 26, 2019 issue)の表紙を飾ったLil Nas Xは「おめでとう、ビリー・アイリッシュ!!まさに君にふさわしいよ!!」と祝福。「Hot 100」首位の最年少記録(※)としては、ビリー・アイリッシュは2013年当時16歳で全米首位となったロード(Lorde)以来の最年少、その「Royals」は9週連続首位を記録(※2013年10月12日付〜12月7日付)。ロード以前では1987年に当時16歳で首位となったティファニー(Tiffany)の「I Think We’re Alone Now」(※1987年4月27日付)。女性アーティスト史上最年少首位記録は、1963年当時15歳で首位となったペギー・マーチ(Little Peggy March)の「I Will Follow Him」(※1963年4月27日付)となっています。なお今週の「Hot 100」トップ10は以下の通り。ショーン・メンデス(Shawn Mendes)とカミラ・カベロ(Camila Cabello)による「Señorita」(セニョリータ)が第2位、「Old Town Road」は第3位となりました。ビリー・アイリッシュ・パイレート・ベアード・オコンネル(Billie Eilish Pirate Baird O'Connell)は、アメリカ合衆国の女性シンガーソングライター、モデル。2016年にデビュー・シングル「Ocean Eyes」を音声ファイル共有サービスサウンドクラウドでリリースし、後に口コミで話題となった。 そして、レコード・レーベルのダーク・ルームとインタースコープ・レコードの目に止まり、その後「Ocean Eyes」を再リリースする。2017年8月11日にEP「Don't Smile at Me」をリリース。EPがアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアでトップ15を果たし、シングル「Bellyache」もリリースされる。EPの商業的成功に次ぎ、2017年の9月にはApple Musicの「Up Next」と呼ばれる新人アーティストの支援プログラムに選ばれた。また、アメリカ人シンガーのカリードとのコラボで2018年4月にシングルの「lovely」をリリースし、Netflixで配信されている『13の理由』セカンド・シーズンのサウンドトラックになった[4]。2019年3月29日には、デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』がリリースされ、批評家たちからも絶賛されている。 アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアで1位を獲得した。シングルカットされた「when the party's over」「bury a friend」がアメリカでトップ15になり、「bad guy」はアメリカ、カナダ、オーストラリアで1位を獲得している。アメリカレコード協会(RIAA)からゴールド7個とプラチナム2個を獲得。 音楽を作るにあたって、実の兄フィネアス・オコネルとコラボしている。アイリッシュは2001年12月18日にカリフォルニア州、ロサンゼルスで生まれた。父のパトリック・オコネルは過去に「アイアンマン」に出演したこともある俳優、母のマギー・ベアードは俳優兼作曲家であり 、両方ともエンターテインメント業界にいる。彼女は、主にスコットランド人とアイルランド人を祖先に持つ。ロサンゼルスのハイランド・パークで生まれ育った。アイリッシュはホームスクールで育ち、8歳でロサンゼルス児童合唱団に参加。すでに自身のバンドで作曲、演奏やプロデュースをしていた兄のフィネアス・オコネルを追いかけるようにアイリッシュも11歳から作曲をし、歌っていた。



















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif