FC2ブログ
 

NIPPER

NIPPER














gTnXQMMtpgNZFF6U-4-O3z8xAeg.jpg














Nipper - VICTOR ONLINE STORE ビクターオンラインストア




























「ニッパー」犬

ニッパー (Nipper) は、絵画『His Master's Voice』のモデルとなったイヌ。蓄音機に耳を傾けるニッパーを描いたその絵画は、日本ビクター(現・JVCケンウッド)やHMV、RCAなどの企業のトレードマークとして知られる。ニッパーの最初の飼い主は、イギリスの風景画家マーク・ヘンリー・バロウドであった。1884年、イギリスのブリストルに生まれる。いつも客の脚を噛もうとすることから、"Nipper"(nip=噛む、はさむ)と名づけられる。ニッパーは、フォックス・テリア系の犬(BBCによればジャック・ラッセル・テリア)であったが、ブル・テリアの血も少し入っていた。"His Master's Voice" での様子に反し、やんちゃな犬で、ニッパー自身からは喧嘩を吹っかけたりしないものの、襲ってきた犬には立ち向かい、そしていつも勝っていたという。1887年にマークが病死したため、弟の画家フランシス・バロウドがニッパーを引き取った。彼は亡き飼い主・マークの声が聴こえる蓄音機を不思議そうに覗き込むニッパーの姿を描いた。その8年後の1895年、ニッパーは息を引き取った。遺体はテムズ川辺の桑の木の下に葬られたといわれるが、1950年にその場所が掘り起こされたものの、ニッパーとみられる骨は見つからなかった。ニッパーの死から3年後の1898年、フランシスはエジソン・ベル社のゼンマイ式フォノグラフ(円筒型蓄音機)を熱心に聴くニッパーの絵を描いた。1899年2月11日、フランシスは自分の絵 "Dog Looking At and Listening to a Phonograph"(フォノグラフを見つめ聴いている犬)の商標を出願した。フランシスは、エジソン・ベル社にこれを提示したが、"Dogs don't listen to phonographs."(犬はフォノグラフを聴いたりしない)と一蹴されてしまう。1899年5月31日、今度はベルリーナ・グラモフォン社のオフィスを訪問、グラモフォン(円盤型蓄音機)のブラスホーンを借りて、絵に描いた黒いホーンと置き換えようと考えていた。しかし、社長のウィリアム・オーウェンは、「もし蓄音機全体をグラモフォンに置き換えるなら、社としてこの絵を買おう」と提案してきた。こうして修正された絵はベルリーナ・グラモフォン社の商標として、1900年6月10日に登録された。量販店としての HMV は当初グラモフォンの小売部門のブランドであったため、“His Master's Voice”を略した“HMV”を店名とした。現在の HMV は EMI と資本関係には無いが、HMVブランドは継続して使用されている。なお、このマークは2018年現在、日本ではJVCケンウッド、およびJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、三菱ケミカルメディア、北米ではRCAがそれぞれ使用し、RCAでは1991年からニッパーの他にチッパーと呼ばれる仔犬も加わっている。またポーズが異なる図柄として、ビクターエンタテインメントグループのフライングドッグは、跳躍するニッパーのシルエットを使っている。












3fdcccc93429fa087c46cfee6098bed8.jpg
























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
HMV 4  ←HMV 4 【2019年11月】の更新記事一覧 →愛と平成の色男  愛と平成の色男
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif