FC2ブログ

永遠の夢に向かって「マルサ」と言われる人達

 

「マルサ」と言われる人達

「マルサ」と言われる人達














im642680e9cc7f0bdc41355b2c0ea5a60149732.jpg












吉本興業株式会社

























プライド高き国税をなめ切った代償

2回にわたって税金の無申告を指摘されていたのに、改める気配はさらさらなかった。東京国税局の税務調査を受け、多額の所得隠しや申告漏れが発覚した人気お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(とくい・よしみ)。「国民の3大義務」を平然と怠り、踏み倒していたツケは大きく、活動停止に追い込まれた。「バレないとでも思ったのだろうか」。あまりの杜撰(ずさん)さにあきれる声も聞かれる。


督促(とくそく)されるまで続く無申告

全国紙社会部デスクによると、徳井義実(とくい・よしみ)は東京国税局の税務調査を受け、2018年までの7年間で計約1億1800万円の申告漏れを指摘された。うち約2000万円は仮装・隠蔽(いんぺい)を伴う所得隠しと認定された。追徴課税額は重加算税を含め約3700万円に上り、既に修正申告や追徴課税を納付したという。徳井義実(とくい・よしみ)が所属する吉本興業によると、徳井義実(とくい・よしみ)は2009年、個人会社として「株式会社チューリップ」を設立(決算期は3月)。役員は徳井義実(とくい・よしみ)1人で、タレント活動の収入はすべて同社に入れ、徳井義実(とくい・よしみ)は同社から役員報酬を受けとっていた。しかし、同社は2010年3月期~2012年3月期をそれぞれ期限内に確定申告せず、税務署からの指摘で2012年6月に3年分をまとめて申告した。その後も2013年3月期~2015年3月期を期限内に申告せず、同様に税務署の指摘を受け、2015年7月にまとめて申告したという。この3年分は申告したものの、法人税は再三の督促にもかかわらず納付しておらず、2016年5月ごろに銀行口座を差し押さえられた。こうした無申告と不納付のため、税務署ではなく東京国税局が税務調査に着手。無申告のほか、この3年分について徳井義実(とくい・よしみ)個人の旅行や衣装代金などが経費として認められず、所得隠しと指摘された。また2016年3月期~2018年3月期も同様に無申告だったため確定申告し、さらにさかのぼって時効になっていない2012年3月期~2015年3月期までを国税局の指摘に従って修正申告したという。徳井義実(とくい・よしみ)個人も、2012年~2017年まで所得税の無申告が続いていた。


脱税事件より悪質の指摘も

細かく説明すると上記の通りだが、簡単に言うと税務署に2回「申告してください」と督促されたのに申告だけして、税金を納めなかったということだ。業を煮やした国税が税務調査に入り、帳簿をガッツリ洗われて不正が発覚したというお粗末な顛末(てんまつ)だったのだ。ここで簡単に新聞やテレビなど使われる「マスコミ用語」と「税法上の用語」を簡単に説明したい。「所得隠し」「申告漏れ」はマスコミ用語で、前者は意図的にごまかした(前述の仮装・隠蔽)と認定されたケースを指し、後者はそれほど悪質ではない経理ミスの類いとされる。所得隠しは当然ペナルティーも重く、一般的には基礎税額の「重加算税」(35%)を追徴される。申告漏れは確定申告したものの、少なく申告した「過少申告加算税」(10%)、期限までに申告しなかった「無申告加算税」(15%)が追徴される。一般的に税金を免れた場合は「脱税」といわれるが、マスコミ用語でも税法上の用語でも、脱税は所得隠しの手口が悪質だったり、多額だったりして刑事事件として訴追された場合だけに限定される。もちろん、今回は脱税ではない。今回、徳井義実(とくい・よしみ)のケースは所得隠しが2000万円、申告漏れが1億円なら一般的に報道される脱税事件よりひどくないのでは?との疑問があるかもしれない。しかし、問題になっているのは徳井義実(とくい・よしみ)が「まったく納税する意思がなかった」と見られていることだ。前述の通り所得隠しは国税側が「仮装・隠蔽」を証明しなければならないが、徳井義実(とくい・よしみ)は督促されるまで隠そうとも、申告・納税しようとさえもしていなかった。だから「仮装・隠蔽」とはいえなかったが、より悪質と社会的に問題視されているのだ。


国税をなめ切った代償

基本的に国税は税務に関して「性善説」を旨とし、納税者が正確・正直に自主申告することを前提としている。だから、納税者の窓口となる税務署は広報が充実し、問い合わせには丁寧に説明してくれる。そういう意味で、基本的に国税は、ごまかした納税者を追い詰める仕事がメインではない。一方で、ごまかした納税者には容赦ないことでも知られる。これはなぜか。筆者が聞いたところでは理由は2つある。1つは「国民の義務」を果たさない輩(やから)を放置することは、真面目な納税者に対する裏切りだという責任感だ。もう1つは、国税の職員はプライドが高い。どういうことかというと、20~30年前まで国税には、地方の進学校で成績優秀だったのに実家が貧乏だったため大学に行けなかった職員が結構いた。30~40年前には旧帝大に合格する学力があったのに、進学できなかった人もいたと聞く。そうした方々のコンプレックスは「人生・世の中をなめた奴(やつ)は許さねぇ」という意識につながっていたことだ。こうした傾向は今でも引き継がれているようだ。今回の税務調査を担当したのは東京国税局課税第1部だろう。政治家や資産家、著名人などの個人を担当する部署で、実施部隊の資料調査第1課~4課のいずれかとみられる。国税というと一般的にマルサ(査察部)をイメージされるが、内部ではリョウチョウ(資料調査各課の俗称)と呼ばれ、精鋭部隊として知られる。実はリョウチョウが税務調査で多額の所得隠しを発見し、査察部に通告。マルサが強制調査で検察庁に告発し、脱税として刑事事件になることも珍しくない。徳井義実(とくい・よしみ)は、前述のプライド高き国税職員を怒らせたわけだ。 2回のチャンスをもらったのに、みすみすスルーすることで「活動自粛」という大きな痛手を負った徳井義実(とくい・よしみ)。国民の義務、その義務をつかさどるプライド高き組織をなめ切った代償は、ごまかそうとした税金よりはるかに高くなってしまったようだ。


国税局査察部

国税局査察部(こくぜいきょくささつぶ)とは、日本の国税局の犯則調査を扱う部署の名称。国税通則法第11章に基づく犯則調査機関。隠語として旧東京国税局のあった大手町(おおてまち)や旧庁舎の六階(ロッカイ)とも呼ばれている。東京国税局・大阪国税局・名古屋国税局の3局のみに設置されていて、東京・大阪・名古屋以外の国税局では調査査察部が設置されている。一般に巨額脱税者に対する犯則調査を行う。映画やドラマ等で、一般的に「マルサ」と言われる人達が所属している部署。検察庁に刑事告訴することを目的とした部署である。査察部の組織は大きく分けて二通り、情報部門・実施部門に分かれている。


情報部門

査察部の中枢である。別名ナサケ、「情報」の情の字から。情報部門は嫌疑者(脱税者)の内偵調査が主な活動で、嫌疑関係者などの身辺調査を行う部署であり、捜索担当(実施部門)に引き継ぐのが主な役目である。査察部の組織上、内偵班の身元を明かすことはない。


実施部門

査察部の花形部署である。別名ミノリ、「実施」の実の字から、実施部門は情報部門が収集した嫌疑者の自宅や関係者宅など、嫌疑関係者全ての家宅捜索を行う。裁判所からの捜索差押令状を請求し、強制捜索を行う。令状の効力は一日のみのため、早朝から実施する。押収科目は現金・通帳・有価証券・株券などの脱税証拠や裏帳簿、印鑑などの経理書類の押収を目的とし、嫌疑者に追徴課税や延滞金などの支払い勧告、刑事告訴を進める部署である。家宅捜索のほかに嫌疑者への取り調べや他の行政機関の出張や他の機関からの出向者は実施部門に集まる。企業の贈収賄等の経済犯罪を主に捜査する警察の刑事部捜査二課も脱税を捜査範囲としており、実施部門には警視庁から人事交流で出向している者もいる。


徳井義実

徳井 義実(とくい・よしみ)は、日本のお笑いタレント、俳優、お笑いコンビ・チュートリアルのボケ、ネタ作りを担当し、相方は福田充徳。京都府京都市左京区出身。吉本興業所属。大阪NSC13期生。菊の花幼稚園→京都市立修学院小学校→京都市立修学院中学校→京都府立北稜高等学校→花園大学文学部仏教学科中退。高校在学中、お笑い好きの辻野という同級生とともに「赤とんぼ」という漫才コンビを結成する。休み時間にティーアップの漫才のコピーを披露したのを皮切りに、学園祭で当時全盛のアマチュア音楽バンドと並んでオリジナル漫才をするほど熱を入れる。同級生等多数参加のサークル「上方芸能研究会」を立ち上げ、大人数で吉本新喜劇ばりの集団コント公演などの活動もはじめる。その一方、中学1年からバレーボールを続け、高校で所属していたバレーボール部では京都府大会ベスト8に進出している。大学受験に失敗し、高校卒業後は河合塾京都校とNSCの13期生とを並行したWスクール生活を送る。河合塾京都校には、現相方の福田充徳と通い、NSCには高校時代の同級生とともに入学しNSC在学中は「チューイング」名義で活動。卒業公演で初舞台を踏むも相方の引退決意で、徳井もお笑い界には進まず大学進学をする。徳井の芸歴はこの初舞台から数える。大学在学中は学業よりアルバイトに精を出し、今の祇園花月があるビルと同じビルにあったディスコの黒服として働いていた。ここでアルバイトをしていたときに、バイト先がTBS2時間サスペンスドラマのロケ場所となりエキストラとして出演。エンドロールに「徳井義実」とクレジットされる。1年時は、仮面浪人をしていた。将来の進路を迷っていた大学4年生のとき、幼稚園時代からの友人福田充徳に誘われ、お笑いコンビを結成し吉本興業所属となるべく、大阪の劇場の若手芸人発掘オーディションに臨む。大学在学中の1998年3月に正式にお笑いコンビチュートリアルとしての初舞台を踏む。相方福田の芸歴はこの初舞台からカウントされるので、コンビでありながら芸歴に差がある。コンビ名の由来は、2人が高校・浪人生時代に通っていた河合塾での「チュートリアル」から。


個人活動

チュートリアルの漫才やコントのネタ作りは徳井が担当。単独ライブの演出やVTR制作も、作家を入れずすべて徳井が担当している。コンビ結成当時からの基本テーマは「わけわからんけど、わけわかる」。ピンとしての活動は、2006年春・夏・秋公演、2007年春公演(うめだ花月)、2008年1月公演(baseよしもと)、2010年1月公演(新宿シアターモリエール)などの個人ネタライブがある。テレビ朝日系『アメトーク!』で複数回出演している企画は、家電に詳しい「家電芸人」、「絵心ない芸人」、「バイク芸人」、プロ野球の広島カープファンの「広島カープ芸人」など。アンチ巨人だった父親の影響もあり、カープの機動力と投手力に惹かれ、9歳からカープファンになった[1]。「市民球団として、カープなりの戦い方をずっと続けているところが応援のしがいがある」と話している[1]。2012年5月13日にMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島にて始球式も行った。映画「鯉のはなシアター」では緒方孝市前監督の妻である緒方かな子、娘で声優の緒方佑奈と共演している。俳優としてもテレビドラマなどに出演し、映画で主演も務めている。主演映画『莫逆家族-バクギャクファミーリア-』では、役作りのため髪の毛を金色に染め、加圧トレーニングで肉体改造を行って撮影に臨んだ。


徳井義実、所得隠し常習の金銭感覚を生んだ“生い立ち”

合計1億3800万円の所得隠しと申告漏れの発覚により、活動自粛中のお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実(とくい・よしみ)。テレビ各局は、収録済みの番組で徳井義実(とくい・よしみ)が画面に映り込まないよう再編集するなどの対応に追われている。徳井義実(とくい・よしみ)の個人会社「株式会社チューリップ」は、2012年までの3年分、2015年までの3年分を申告せず、それぞれ税務署から指摘を受け3年分まとめて申告をしていたほか、2018年までの3年分も申告せず東京国税庁から税務調査を受けていたという。さらに、2015年までの3年間の税務申告で経費として計上していた旅費・衣服代などの一部、計2000万円が否認されたほか、2009年の法人設立時から現在に至るまで社会保険の加入手続きをしていなかったという。2019年10月23日深夜に大阪で開かれた会見で徳井義実(とくい・よしみ)は、申告漏れの原因について「想像を絶するだらしなさ」と釈明したが、芸能事務所関係者はいう。「芸能事務所に国税庁の税務調査が入ることは珍しくありません。2001年には、当時は安室奈美恵や観月ありさ、SPEED、DA PUMPなどが所属していた大手芸能事務所の社長が脱税で逮捕されるという事件がありました。あの時は近しい関係の芸能事務所にも芋づる式に調査が入り、多くの事務所が経費などの所得隠しで指摘を受けました。徳井義実(とくい・よしみ)の個人会社には、徳井義実(とくい・よしみ)以外に他の責任者は誰もいないようなので、経理がずさんになってしまったのも無理ないでしょう。逮捕されなかっただけでもラッキーだと思いますよ」2019年10月23日の会見を受けて、徳井義実(とくい・よしみ)には悪意はなかったと同情する声も多いが、当日の会見の模様についてテレビ局関係者は明かす。「修正申告は済ませたということだったので、『いくら支払ったのか?』『(追徴課税を)1億5000万円ほどを支払ったのですか?』という質問が出ました。徳井義実(とくい・よしみ)は『はい』と答え、リポーター陣が『えっ? 一括で?』と驚いて質問を続けると、『ええ、それなりに長くお仕事させてもらっていますから』とケロッとして答えていました。しかし、会見直後に吉本興業の関係者から報道陣に、昨年12月に支払った追徴課税は約3700万円だと説明されました。こうしたやりとりからも、徳井義実(とくい・よしみ)が自身の支払うべき税金や資産状況をまったく把握しておらず、お金の価値観に関してはぶっ飛んだ人なんだという印象を受けました。それにしても、徳井義実(とくい・よしみ)の金銭感覚はどうなっているのでしょう」こうした徳井義実(とくい・よしみ)の金銭感覚について、吉本関係者が明かす。「徳井義実(とくい・よしみ)は京都市左京区出身で、会社を経営する厳格な父と、母、今では結婚して子どももいる妹を持つ4人家族で育ち、子どもの頃から経済的に恵まれていたお坊ちゃんです。また、以前から徳井義実(とくい・よしみ)の父親が有力者だという噂もあり、そうした環境で育った影響もあり『徳井義実(とくい・よしみ)も“なんとかなる”という意識だったのではないか』という声もありますが、あくまで噂の領域で事実は定かではありません。徳井義実(とくい・よしみ)に悪意があったとは思いませんが、世間知らずというか、ズボラすぎる性格がアダとなってこれまで築いたキャリアがパーになるなんて、吉本の人間は驚きを通り越して呆れていますよ。本当にもったいない」徳井義実(とくい・よしみ)の今後の芸人人生は、どうなってしまうのだろうか。



















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif