FC2ブログ

永遠の夢に向かって川崎ハロウィン

 

川崎ハロウィン

川崎ハロウィン
















imf824dd81948a18cc9c8c56c24fc190670.jpg


















KAWASAKI Halloween 2019

































































日本最大のハロウィン・イベント 『カワサキ ハロウィン 2019』カワハロ史上最大規模の「ハロウィン・パレード」に2,600人が参加、沿道に13万人を動員

「川崎ハロウィン」の始まりは1997年、まだ日本に「ハロウィン」がほとんど馴染みのなかった頃、川崎の街の元気と魅力を全国に向け発信することを主目的に、地元のエンターテイメント企業“チッタ”がスタートさせた。初開催時のパレード参加者は約150人。沿道の観客は約500人。今年で23年目。その後回を重ねるごとに規模を拡大し、今年(2019年)のパレード参加者数2,600人、沿道の観客は12万人と、今では日本最大規模のハロウィンイベントと称されるまでに成長。今年も日本最大級のハロウィンイベント「カワサキ ハロウィン」のメインイベントが2019年10月26日(土曜日)・27日(日曜日)に、川崎駅周辺エリアにて実施され、パレードには2,600人が参加。沿道に約12万人を動員した。今年も無事に2日間のイベントを終了した。国内最大級のハロウィーンパレード「カワサキ ハロウィン 2019」が2019年10月26日(土曜日)、27日(日曜日)の両日、JR川崎駅東口(川崎市川崎区)周辺で行われた。パレードが行われた27日は、お化けやアニメ、映画のキャラクターなど思い思いの仮装を楽しむ参加者でにぎわった。市や駅周辺の商店街、商業施設「ラ チッタデッラ」などで作る「カワサキ ハロウィン プロジェクト」の主催で1997年から行われ、今年で23回目。親子でウオーキングする「カワハロ・ランウェイ」など新企画も好評で、川崎区在住で3歳と1歳の子どもにイヌのダルメシアンのメークを施した女性(31歳)は「子どもが小さいのでパレードには参加できないが、沿道で雰囲気を味わうだけで楽しい」と地元のイベントを満喫した様子だった。カワサキ ハロウィン(KAWASAKI HALLOWEEN)は、毎年10月、神奈川県川崎市川崎区の川崎駅周辺で開催される日本最大規模のハロウィンイベントで、最終週の日曜日には川崎駅前で仮装パレードが開催される。企画・運営はチッタエンタティメント。1997年、川崎の街の元気と魅力を全国に向け発信することを目的に、チネチッタやクラブチッタ、ラチッタデッラなどを運営するチッタエンタティメントが企画開催したイベント。 初開催時のパレード参加者は約150人、沿道の観客は約500人。2016年度にはパレード参加者数約2,600人、沿道の観客は約12万人までに拡大した。現在は川崎駅周辺の商業施設や商店街、川崎市なども一体となって開催する、大型のハロウィンイベントになった。期間中の経済効果は約10億円。主にハロウィンパレード(全長約1.7kmのコース・駅前京急線高架下通り~市役所通り~平和通り~新川通り)やキッズパレード、仮装コンテスト、クラブパーティー、映画祭などが期間中に開催される。川崎市(かわさきし)は、神奈川県の北東部に位置する政令指定都市で、7区の行政区を持つ。政令指定都市の中では最も面積が小さいが、人口は非都道府県庁所在地の市の中では最大である。市内全域が旧武蔵国で、相模国に属していた地域を含まないのは神奈川県内の市町村で唯一である。政令指定都市20市の中で面積が最も小さい。人口は愛媛県を上回る147万人、2015年4月に京都市を抜き全国第7位の市となり、非都道府県庁所在地の市では最大かつ唯一100万人を超えている。財政状況は良く、財政力指数は1.101(平成21年度)で政令指定都市では最も財政に余裕がある。神奈川県の北東部、県の最東端に位置し、東京都と横浜市にはさまれた細長い市域を持つ。県内では横浜市以外の市町村とは隣接していない。市の北端には多摩川が流れ東京都との境となっており、東部には東京湾が広がっている。江戸時代から栄えていた歴史ある街で武家も多く、古くからの閑静な住宅地が多いが、ここ数十年で東京との近さから一気に近代化し、若者の街と言われるようになり、特に川崎駅前周辺は昼夜を問わず人が多い。川崎駅から離れた多摩川沿いの低地や多摩丘陵にはのどかな田園風景が広がるが、丘陵部には新興住宅地が多く、東京湾岸に広がる埋立地は隣接する横浜市鶴見区沿岸部とともに大規模な重工業地帯となっているなど、多様な面を見せる。東京のベッドタウンとしての性格が強く、東海道線、京王線、東急東横線、東急田園都市線、小田急線などの通勤路線を通じて東京都心部との交流が深く、各路線ごとに東京区部・横浜市北部を含めた沿線地域圏を形成しているため、溝の口や登戸、新百合ヶ丘を始めとした北部の住民は新宿や渋谷といった東京都心部のターミナルへの志向が強く、川崎駅(川崎区)に行くことは比較的少ない。各々の区が東京の衛星都市としてしての位置づけであるため、単体の市としての地域的一体性はあまりないといえる。














925f665653253d16993ed098c28dabcf.jpg






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif