FC2ブログ
 

1999

1999














charli-xcx-charli-sales.jpg













CHARLI XCX / チャーリーXCX Warner Music Japan

































チャーリー・エックス・シー・エックス(Charli XCX)

シャルロッテ・エマ・エイチスン(Charlotte Emma Aitchison)は、チャーリー・エックス・シー・エックス(Charli XCX)の芸名で知られるイギリスの女性歌手、ソングライター、俳優である。彼女は2008年に単独でデビューシングルを発売し、当初ロンドンのレイブで演奏していた。2010年にアサイラム・レコードの音楽プロデューサー、ティム・ゴンザレスと契約し、2012年に「ハートブレイクス・アンド・アースクエイク」「スーパー・ウルトラ」という2つのミックステープを発表。2013年にメジャーレーベル・デビュー・アルバム「トゥルー・ロマンス」を発表し、「ユー (ハ・ハ・ハ)」「ヌークリア・シーズンズ」などのシングルを生み出した。2013年と2014年の間に彼女は2つの大成功したシングル、アイコナ・ポップの「アイ・ラブ・イット」、イギー・アゼリアの「ファンシー」に客演し、注目を集めた。2014年、映画「きっと、星のせいじゃない。」のサウンドトラックからのシングル「ブーム・クラップ」は、多くの国でトップ10入りした。「SUCKER」は、「ブレイク・ザ・ルールズ」「ドゥーイング・イットfeat.リタ・オラ」「フェイマス」がシングル化された。2016年に、EP「ヴィルーム・ヴィルーム」を発表し、シングル「アフター・ジ・アフターパーティー 2次会じゃまだ終われない!」を発売。2017年3月にミックステープ「ナンバー1エンジェル」を発表。イギリスのケンブリッジ生まれ。父親はスコットランド人、母親はウガンダのインド人。14歳から歌作りを始めた。ビショップス・ストートフォード・カレッジ中退。2008年にマイスペースに自分の曲を上げたのをきっかけに、ロンドンのライブに出演するようになる。同年末にOrgy Musicからシングル曲「!Franchesckaar!」と「 Emelline/Art Bitch」をリリース。2011年5月、ワーナー・ブラザース・レコードからのファーストシングル「Stay Away」をリリース、同年11月に発表された「Nuclear Seasons」がイギリス大手音楽雑誌Pitchforkからの注目を集める。2012年5月、スウェーデンのエレクトロ・デュオ、アイコナ・ポップとの共作「I Love It」をリリース。この曲がスウェーデン、イギリスのみならず、アメリカや日本でもヒットし、両組の出世作となる。2013年4月、ファーストアルバムの「True Romance」をリリース。イギリスやアメリカのチャートにランクイン。2014年2月にはオーストラリア出身の女性ラッパー、イギー・アゼリアのシングル「Fancy」に客演参加。この曲がアメリカで400万枚以上売り上げ、年間ランキング4位にランクインする等、「I Love It」を超える大ヒットとなり、世界的に大きな注目を集めるようになる。同年6月、「Fancy」のヒットが続く中でジョン・グリーン脚本の恋愛映画「きっと、星のせいじゃない。」の挿入歌、「Boom Clap」を発売。 映画の記録的な大ヒットと共にセールスを伸ばし、アメリカで8位、イギリスで6位、日本でも28位のヒットとなる。2014年12月には2枚目のアルバム「Sucker」をリリース。米ローリング・ストーン誌の2014年度年間ポップアルバム20で1位にランクインした。2016年2月、2枚目のEP『Vroom Vroom』をリリース。スコットランドのプロデューサーSophieが全曲に関わっており、内容もエクスペリメンタルなダンス・ポップに接近したものとなった。10月に発売した米ラッパーLil Yachtyをゲストに迎えたシングル『After the Afterparty』がイギリスでスマッシュヒットを記録。チャーリーの音楽はエレクトロ・ポップ、ポップ・パンク、シンセ・ポップ、ダンス・ポップ、ゴシック・ポップ、ギターポップである。彼女の初期のレコーディングには、ダーク・ウェイヴとウィッチハウスの融合が見られたが、「ヴィルーム・ヴィルーム」は、バブルガム・ポップとベース・ミュージックの要素をサウンドに含んだアヴァンギャルド・ミュージックの方向性を探求していたと言われている。チャーリーは、ブリトニー・スピアーズ、シャンプー、ノー・ダウト、t.A.T.u.、ザ・ドナス、ビキニ・キル、マルティカ、ザ・キュアー、ザ・フェミニン・コンプレックス、スージー・アンド・ザ・バンシーズ、ドナ・サマー、マリリン・マンソン、ブレッド、スパイス・ガールズ、アフィ、ブルーク・キャンディー、リル・ウェイン、ケイト・ブッシュ、「ツイン・ピークス」、パリス・ヒルトン、ジャスティス、クリスタル・キャッスルズ、カルヴィン・ハリス、ビョーク、クエンティン・タランティーノ、スージー・スーに影響を受けた。彼女の「主人公としてのスージー・スー」とし、彼女の「お気に入りのポップ・ガール」としてリアーナの名前を挙げた。ザ・ハイヴス、ウィーザー、ラモーンズ、1960年代のイエイエは、彼女のセカンド・アルバムに影響を与えた。彼女は、「最高の芸術家は絶えず変化する―マドンナ、デヴィッド・ボウイ。」と語る。そして、「夢のコラボレーションは、ビョーク、ケイト・ブッシュ、さらにディオンヌ・ワーウィック」と明かしている。チャーリーの好きな曲は、ロバート・パーマーの「恋におぼれて」、P.M.ドーンの「セット・アドリフト・オン・メモリー・ブリス」、アフィの「リッキー」、バウ・ワウ・ワウの「フールズ・ラッシュ・イン」、セルジュ・ゲンスブールの「イニシャルB.B.」、ザ・キュアーの「ジャスト・ライク・ヘブン」、パリス・ヒルトンの「スターズ・アー・ブラインド」、ブリトニー・スピアーズの「ギミ・モア」と「ピース・オブ・ミー」。チャーリーの声はグウェン・ステファニー、マリーナ・アンド・ザ・ダイアモンズのそれと比較される。チャーリーは、音から色への共感を覚える。彼女は、「私は色で音楽を見て、黒、ピンク、紫、赤の音楽を愛するが、緑、黄色、茶色の音楽は嫌いだ」と主張している。彼女は自分自身をフェミニストとみなしており、彼女は「フェミニストの声明」として「ボディ・オブ・マイ・オウン」という曲を書いた。また、BBC 3で放送された「ザ・ワード・アンド・ミー」という男女同権に関するドキュメンタリーを指揮した。












Charli-XCX-credit-Marcus-Cooper-3.jpg
























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
「BAD ROMANCE」  ←「BAD ROMANCE」 【2019年10月】の更新記事一覧 →HMV  HMV
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif