FC2ブログ

永遠の夢に向かってロケットマン

 

ロケットマン

ロケットマン












20190402nsh.jpg












ELTON JOHN エルトン・ジョン - UNIVERSAL MUSIC JAPAN


























「ロケット・マン」(Rocket Man (I Think It's Going to Be a Long, Long Time))は、エルトン・ジョンが1972年に発表した楽曲。レイ・ブラッドベリの短編集『刺青の男』(1951年)に収録された短編「The Rocket Man」に影響を受けて書かれたと言われる。アメリカのサイケデリック・フォーク・グループ、パールズ・ビフォー・スワイン(Pearls Before Swine)が1970年に発表したアルバム『The Use of Ashes』に、ブラッドベリの短編を元にした「Rocket Man」という曲が収められており、バーニー・トーピンはこの曲からも直接的な影響を受けたとビルボード誌のインタビューで答えている。また詞の内容は、ガス・ダッジョンがプロデュースしたデヴィッド・ボウイの1969年のシングル「スペイス・オディティ」のテーマとも呼応している。火星に向けて一人で旅立った宇宙飛行士の複雑な心境が吐露される。彼はいつ地球に帰れるとも知れない。「火星は子供を育てるようなところじゃない/実際すさまじく寒いところだし/子供を育てようなんて考える者はここにはいない/科学を全部分かっているわけじゃないが/これが僕の仕事なんだ/週に5日の仕事/僕はロケット・マンさ/たった一人、宇宙でいつか燃え尽きてしまう」レコーディングは1972年1月、フランスのエルヴィル城にあるストロベリー・スタジオで行われた。デヴィッド・ヘンツェルがシンセサイザーを弾いている。同年4月、シングルA面として発表され(B面はイギリスとアメリカとでは異なる)、5月発売のアルバム『ホンキー・シャトー』に収録された。ビルボード・Hot 100の6位を記録し、同誌の1974年の年間チャート40位を記録した。イギリスでは2位、カナダでは8位、アイルランドでは6位を記録した。1976年のライブ・アルバム『ヒア・アンド・ゼア〜ライブ・イン・ロンドン&N.Y.』にライブ・バージョンが収録されている。『ザ・ロック』(1996年)、『ラスト・リミッツ 栄光なきアスリート』(1998年)、『光の旅人 K-PAX』(2001年)、『キングスマン: ゴールデン・サークル』(2017年)、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(2017年)などの映画で使用された。また、エルトン・ジョンの半生を描いた2019年の映画『Rocketman』のタイトルともなった(邦題は『ロケットマン』)。



















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
CRACKER  ←CRACKER 【2019年10月】の更新記事一覧 →DON'T GO BREAKING MY HEART  DON'T GO BREAKING MY HEART
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif