FC2ブログ

永遠の夢に向かってミスター・スピード

 

ミスター・スピード

ミスター・スピード














5681f631d41463c021d44f8ea3069680.jpg













KISS - Mr. Speed



























情炎(じょうえん)!ミスター・スピード

『地獄のロックファイアー』(Rock and Roll Over)は1976年にキッスが発売した5枚目のスタジオ・アルバムである。ボブ・エズリンがプロデュースを担当した前作『地獄の軍団』で新境地を開拓したキッスが、初期の3作品に通じるワイルドなロックンロールの原点に立ち返って制作した作品。出世作となった1975年の2枚組ライヴ盤『地獄の狂獣 キッス・ライヴ』を手がけたエディ・クレイマーを再度起用し、レコーディングは1976年9月、通常のスタジオではなくニューヨークの劇場スター・シアターを借り切って行われた。今作では(前作でのニューヨーク・フィルハーモニックのような)外部ミュージシャンは一切起用せず、メンバー4人のみですべてのレコーディングを行った。ビルボード・アルバム・チャート11位を記録。ダブル・プラチナ・ディスクを獲得した。1977年のライヴ・アルバム第2弾『アライヴ2』に、本作収録曲10曲の半分に当たる5曲のライヴ・バージョンがピックアップされるなど、第1期メーク時代の代表曲を多く含む。また前作『地獄の軍団』からシングルカットされて大ヒットした「ベス」に続き、アコースティック・ギターによるバラード「ハード・ラック・ウーマン」でピーター・クリスがリードヴォーカルをとり、こちらもシングル・ヒットした。翌1977年3月には待望の初来日公演が実現する。オリジナルLPには、アルバムジャケットのイラストをそのまま使用したステッカーが付属していた。












R-702514-1501029913-146.jpg























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif