FC2ブログ
 

マリリン

マリリン












Pop-Art-LoboVDD.jpg














マリリン・モンローの人生 SMASH


























マリリン・モンロー(Marilyn Monroe、1926年6月1日 - 1962年8月5日)は、アメリカ合衆国の女優、モデルである。典型的な「ブロンド・ボムシェル」("Blonde bombshell", 「金髪美女」)」役を演じたことで有名な彼女は、1950年代で最も人気のあるセックスシンボルの1人であり、セクシャリティに対する時代の態度を象徴していた。彼女は1962年に予期せぬ死を迎えるまで、わずか10年ほどの花形役者だったが、彼女の映画は2億ドルの収入を得た。彼女は引き続き大衆文化のアイコンである。ロサンゼルスで生まれ育ったモンローは、幼少期のほとんどを里親と孤児院で過ごし、16歳で結婚した。戦時中、1944年に工場で働いていたが、第1映画部隊の写真家に紹介され、ピンナップモデルとしてキャリアに成功した。その後、20世紀フォックス(1946年 - 47年)とコロンビア映画(1948年)と短期間の映画契約を結んだ。マイナー映画での役割を果たした後、1951年にフォックスと新たな契約を結んだ。次の2年間、彼女は『素晴らしき哉、定年!』と『モンキー・ビジネス』を含むいくつかの喜劇、そして『熱い夜の疼き』『ノックは無用』といったドラマ映画に出演。モンローは、スターになる前にヌード写真を撮っていたことが判明したが、彼女の経歴にダメージを与えることはなく、むしろ彼女の映画に対する関心が高まった。1953年までに、モンローは、彼女の性的魅力に焦点を当てたノワール『ナイアガラ』と、『紳士は金髪がお好き』、『百万長者と結婚する方法』の3つの映画で主役を演じ、「頭の悪い金髪女性」("Dumb blonde")というスターイメージを確立。ハリウッドの最も有名なスターの1人となった。彼女は彼女のキャリアを通じてパブリックイメージの創造と管理に重要な役割を果たしてきたが、同じ型の役ばかりを割り当て十分な賃金を支払わないスタジオに不満を抱いていた。彼女は映画プロジェクトを拒否して1954年に一時的に休業したが、彼女のキャリア最大の興行収入を上げた映画の1つ『七年目の浮気』でスターの地位を取り戻した。スタジオが依然として契約変更を嫌がっていたとき、モンローは1954年後半に映画制作会社を設立した。彼女はそれをマリリン・モンロー・プロダクション(MMP)と名付けた。彼女は1955年に、アクターズ・スタジオでメソッド演技法を学び始めた。1955年後半、フォックスは彼女と新しい契約を結び、彼女に多くの支配権とより多くの給料を与えた。1956年、『バス停留所』は批評家に称賛され、MMP最初の独立企画である『王子と踊子』の演技でゴールデン・グローブ賞主演女優賞の候補となった。1961年公開の『荒馬と女』が遺作となった。モンローの悩ましい私生活は大きな注目を集め、ハリウッド女優になってから野球のスター選手だったジョー・ディマジオと劇作家のアーサー・ミラーと二度の結婚をしている。一方で、彼女は薬物乱用、うつ病、不安に悩まされていた。1962年8月5日、彼女はロサンゼルスの自宅でバルビタールの過剰投与により36歳で死亡。モンローの死には、陰謀論が提唱されている。























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif