FC2ブログ

永遠の夢に向かってフランス・ギャル

 

フランス・ギャル

フランス・ギャル












87SSSm.jpg












France Gall - Poupée de cire, poupée de son


































フランス・ギャル(France Gall, 本名:イザベル・ジュヌヴィエーヴ・マリ・アンヌ・ギャル(Isabelle Geneviève Marie Anne Gall)、1947年10月9日 - 2018年1月7日)はフランスの歌手である。初期の代表曲には「夢見るシャンソン人形」(この曲で第10回ユーロビジョン・ソング・コンテスト優勝)がある。フランス・ギャルは、1947年にフランスのパリ12区で生まれた。父は作詞家のRobert Gall。母はCécile Berthierで、パリ木の十字架少年合唱団の共同設立者として知られるPaul Berthierの娘。1963年に、フィリップスより「Ne Sois Pas Si Bête(恋のお返し)」でデビュー。1965年にイタリアで行われた第10回ユーロビジョン・ソング・コンテストにルクセンブルク代表として出場し、父親の知人であったセルジュ・ゲンスブール提供の「Poupée de cire, Poupée de son(夢みるシャンソン人形)」を歌い優勝した。同曲は日本語盤も発売され、1966年6月に来日公演。60年代後半には、ドイツ語、イタリア語、スペイン語バージョンの曲も吹き込み、また、1967年から1972年まではドイツのDECCAとも契約して、ドイツ語オリジナル曲を数多く発売した。1968年にフィリップスを離れ、La Compagnie、Atlantic、Pathe - EMI Music France、Atlantic=WEA、と移籍を繰り返した。1970年代に入り作曲家のミッシェル・ベルジェ(英語版、フランス語版)と知り合い、彼のプロデュースのもと本格的な歌手として再スタートを切り絶大な支持を得る。1976年にベルジェと結婚。その後長女・ポーリーヌ (1978年11月14日 - 1997年12月18日)と長男ラファエルの2児を授かった。1985年、日本においてホンダが同社の製品のバラード・スポーツCR-X SiのテレビCMのバックミュージックとして「Attends ou va-t'en(涙のシャンソン日記)」を採用した。1996年、ジャン=リュック・ゴダールが「Plus Haut(もっと高く)」(1980年録音)のプロモーションフィルムを撮影した。1992年に夫ベルジェが死去。さらに1997年には娘のポーリーヌを嚢胞性線維症で亡くす。また自身も1990年代半ばに乳癌を患い、以降は表舞台に出ることはなく、実質上の引退状態となった。その後は数々の人道支援プロジェクトに参加した。晩年は療養生活を送っていたが、2018年1月7日にパリ郊外の病院で死去した。死因は乳癌。70歳没。























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
SYLVIE VARTAN  ←SYLVIE VARTAN 【2019年09月】の更新記事一覧 →マリリン  マリリン
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif