FC2ブログ

永遠の夢に向かって恋のマイアヒ

 

恋のマイアヒ

恋のマイアヒ















56670a86c2814476008b860b-750-563.jpg












Dragostea Din Tei - O-Zone






























恋のマイアヒ(こいのマイアヒ、原題はルーマニア語でドラゴスタ・ディン・テイ Dragostea Din Tei)は、モルドバ出身の音楽グループO-Zone(オゾン)の有名な楽曲の1つである。原題は直訳すると「菩提樹の下の恋」である。マイアヒのマイはルーマニア語で5月の意、語尾のアヒ、アフなどは感嘆詞。日本語でもFlashムービーが作成され、当時はマイヤヒやマイヤヒーと呼ばれた。なお国内ブレイクの発端となった名古屋のZIP-FMによる邦題は「恋の呪文はマイヤヒ・マイヤフ」であった。2003年にルーマニア国内で初登場、このときから同国内で大ヒットになる。また、この曲を偶然聴いたイタリアのレコード会社TIME RECORDSの社長ジャコモ・マイオリーニが、ルーマニア系の女性歌手ハイドゥッチ(Haiducii) にこの曲を歌わせて、こちらもイタリア国内でチャート1位を記録するほどの大ヒットとなった。しかしO-Zoneによるオリジナルがルーマニア以外で特筆するべきヒットに至ったのはスペインが最初で、他の国ではそれよりもハイドゥッチによるカヴァーの方が知られていたようである。2004年になるとヨーロッパ全体でもO-Zoneによるオリジナル版が認知され、各国でヒットチャート1位を記録する大ヒットとなった。2004年12月にはアメリカでGary Brolsma (ゲイリー・ブロルスマ)がこの曲に合わせて踊るFlashムービーを公開、こちらもNuma Numa Danceと呼ばれ有名となった。2005年に公開されたアニメーション映画『チキン・リトル』の日本向け宣伝曲としても使用された。リアーナが「恋のマイアヒ」の原曲に合わせて歌い、その間でT.I.がラップで歌うという構成で制作された「マイアヒ・ライフ」(サンプリング扱い)は2008年にビルボードHOT100で1位を獲得した。わずかに歌詞は変えてある。日本でも2004年の10月頃より流行し始め、名古屋市のFMラジオ局ZIP-FMによるヘヴィー・ローテーションにより、同局のチャートで10月から約2ヶ月間1位を独走する程のヒットとなった。また本来のルーマニア語を日本語として聞き取った際に生じた空耳を元にしたFlashムービーが制作され、2ちゃんねるで話題となり音楽業界を中心に社会現象を巻き起こした。『SMAP×SMAP』のコント「ホストマンブルース」の中で、木村拓哉らのパラパラのテーマ曲として大々的に使用されたことも、日本でのブレイクに大きく貢献していた。2006年の8月に発売されたEvery Extend Extraにリミックスされて収録されている。




















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
履正社  ←履正社 【2019年08月】の更新記事一覧 →モルドバ共和国  モルドバ共和国
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif