FC2ブログ

永遠の夢に向かってアンダーワールド

 

アンダーワールド

アンダーワールド















underworld-action-fantasy-vampire-dark-gothic-warrior-wallpaper-304409.jpg













2006年1月20日
































『アンダーワールド: エボリューション』(Underworld: Evolution)は、2006年制作のアメリカ映画。『アンダーワールド』(Underworld, 2003年制作)の直接の続編に当たるアクション映画である。(日本ではR-15指定)吸血鬼と狼男。伝説の怪物として人に語り継がれる彼等は、突然変異で現れた不死の血脈“コルヴィナス”から同時に生み出された。西暦1202年。東欧のとある山岳地方で、ある村の住人全てが大型の獣に噛み殺されたように惨殺された。それを追うのは自らの領民を手にかけられた吸血鬼(ヴァンパイア)の領主・ビクターが率いる精鋭の討伐部隊。彼らが追っているのは、強大な戦闘能力を持つ狼男(ライカン)の始祖・ウィリアムであり、部隊にはウィリアムの双子の兄であり吸血鬼の始祖たるマーカスも加わっていた。狼男に噛まれた住人は全て狼男に変貌してしまう。これ以上の被害を出さないために、討伐部隊は死体に火を付けて回った。しかし時既に遅く、住民たちは次々狼男となって蘇り、討伐部隊と激しい肉弾戦を繰り広げる。ビクターの命令から先に隊を離れてウィリアムを探すことになったマーカスに「見つけたぞ!」と声が届く。近くの林の中に逃亡していたウィリアムは討伐部隊に追い詰められ、鎖付きのボウガンを次々に手足に打ち込まれていた。その様子に思わず「止めろ!!」と割って入ろうとするマーカス。ついに捕獲されたウィリアムを見て、マーカスは遅れて現れたビクターに「弟を何故傷つけた? 私が預かる約束を破る気なら覚悟しろ!」と詰め寄ると、ビクターは「お前こそ身の程を知れ! 獣への同情など愚かなことだ」と一喝する。「自分かウィリアムを殺せば結果は解かっているだろう?」となおも反抗しようとするマーカスだが、周囲からボウガンを向けられては引き下がらざるを得ない。マーカスは行方知れずとなった弟が狼男となって人々を襲っている噂を追い、冷酷な領主ビクターが治める地にやってきていた。しかし1人ではどうにもならず、年老いたビクターと取引の末、自らがその歯にかけ吸血鬼としての永遠の命を与える代わりに、ウィリアムを捕縛するための軍をビクターから借り受けたのだった。早く捕まえて、たった1人の愛する弟を助けてやりたい。その一心だった。弟を傷つけられ一瞬我を忘れたが、ウィリアムの力を考えれば多少乱暴な扱いになるのは止むを得ない。それに己の領地を我が物顔で襲いまくるウィリアムにビクターが腹に据えかねていたのも理解できる。何よりこうして捕縛できたのは紛れもなくビクターの力無しには叶わなかったことであり、その恩義を忘れたわけではなかった。既に人としての意識さえ失った化物に変貌し、吸血鬼族にとっても極めて危険な存在になったウィリアムを、マーカスにも探られぬ所で終生監禁状態にする、とビクターは冷酷に宣言する。マーカスも襲われた村の惨状を直接目の当たりにしていただけに、返す言葉もなくただ黙って承諾するしかなかった。そして現代。1000年以上もの長きに渡り、人間世界の裏側で密かに繰り広げられていた吸血鬼族とその従属であった狼男族の一大抗争は、吸血鬼族の長老ビクターと狼男族の長ルシアンが共に死亡するという結果に終わった。吸血鬼族の優秀なライカンの処刑人(デス・ディーラー)であったセリーンは、その過程で吸血鬼族のリーダーで己の野心からビクターに反逆を企てていたクレイヴンから、過去に自分を救った恩人と思っていたビクターこそがセリーンの家族を皆殺しにした張本人である事を知らされる。ビクターを問い詰め、それが真実であったことを告げられると、セリーンは自らの手でビクターを粛清し己の復讐を遂げる。しかしそれは宿敵ライカンと通じた上で長老殺しを犯すという重い罪を背負った事に他ならず、不死身の血筋ゆえ狼男と吸血鬼の初めての混血種(ハイブリッド)となった愛するマイケルと共に、吸血鬼とライカンの両勢力から逃避行を続けていた。





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif