FC2ブログ
 

日本航空

日本航空















ogpogojal.png














日本航空株式会社
















































御巣鷹山事故(JAL123便事故)から34年 1985年8月12日(月曜日)午後6時56分28秒

日本航空123便墜落事故は、1985年(昭和60年)8月12日午後6時56分28秒、東京・羽田空港発、大阪・伊丹空港行の同社定期便だった、JAL123便(ボーイング747SR-46、機体記号:JA8119、製造番号:20783)が、ボーイング社の不適切な修理が原因とされる後部圧力隔壁が飛行中に破損、垂直尾翼と補助動力装置が脱落し、油圧操縦システムも全喪失した。結果、完全に操縦不能に陥り、迷走飛行の末、最終的に群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称:御巣鷹の尾根)へ墜落した。この事故では乗客乗員524名のうち、520名が死亡し、日本航空の歴史上最悪の事故、そして単独機で世界史上最悪の死者数を出す航空事故となった。昭和60年1985年8月12日、JAL123便が御巣鷹の尾根に墜落し、520名の尊い命が失われてから34年が経ちます。改めて御霊の平安を祈念いたします。JALは、その事を教訓とすべく、事故の機体を保存し、安全に役立てるために、安全啓発センターを設置しています。私も視察させて頂きましたが、誰でも事前予約で見学することができます。当時の事故機体や折れ曲がった座席、亡くなった方々の遺品等は、その凄まじい衝撃を今に訴えています。技術革新と利便性の向上の影には、残念ながら、事故がつきまといます。事故はゼロにはできないかもしれませんが、死者を出すような深刻な重大事案はなくすことができると信じます。事故の教訓に学び、関係者には物を扱っているのではなく、かけがえのない命をあずかっているのであるという自覚を持ち続けてほしいと願っています。その日々の努力の積み重ねの中で、ヒヤリやハッとを見逃さないという安全への意識と組織の態勢の構築が大事だと思います。日本航空株式会社(Japan Airlines Co., Ltd.、略称: JAL(ジャル))は、東京都品川区に本社を置く日本の航空会社。日本で最も長い国内線と国際線の歴史を持つ。イギリス・スカイトラックスによる航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている。コーポレートスローガンは「明日の空へ、日本の翼」。日本航空株式会社法が、1953年(昭和28年)に施行されてから1987年に廃止されるまで日本のフラッグ・キャリアであった。国際線は東京国際空港、成田国際空港や関西国際空港を拠点に、アジアや欧米、オセアニアに、国内線は東京国際空港や大阪国際空港を拠点に幹線からローカル線まで、幅広い路線網をもつ。世界的な航空連合である「ワンワールド」に加盟している。日本を代表する主要航空会社である。JALグループ再編の一環として2004年に日本航空株式会社から「日本航空インターナショナル」に社名変更し、国際線と一部の国内線を担当する会社として発足したが、のちに国内線の多くを担当する日本航空ジャパンを吸収合併したことにより、JAL便の運航を受け持つ単一の事業会社となった。2010年1月に会社更生法の適用を申請、更生手続の過程で持株会社「株式会社日本航空」や金融事業会社「ジャルキャピタル」などを吸収合併した。グループを代表する中核事業会社として、一般には旧持株会社同様、日本航空、日航、JAL(ジャル)と通称される。識別信号は『Japan Air』を使用している。














jal123-jlp10429838.jpg





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif