FC2ブログ

永遠の夢に向かってピーター・ガン

 

ピーター・ガン

ピーター・ガン















if83886312a5d4563046ef77153335.jpg














Peter Gunn - The Art of Noise
































ピーター・ガン (Peter Gunn) は、アメリカ合衆国の私立探偵物の連続テレビドラマ。1958年から1961年まで、始めはNBCで、後にABCで放映された。番組はブレイク・エドワーズが製作し、脚本、監督も担当した。30分のエピソードが合計114本製作された。タイトルでもある主人公のピーター・ガンはクレイグ・スティーブンスが演じた。ガンはフィルム・ノワールに登場する典型的な私立探偵で、1950年代後半のアメリカのテレビでは人気のあるジャンルであった。しかしながら、その特色はサム・スペードやフィリップ・マーロウといったハードボイルド探偵とは異なっていた。ガンは洗練された「ヒップスター」であり、身なりのきれいなクール・ジャズ好きであった。他の刑事はしばしば下品に描かれ、ガンは「クール」の典型として描かれた。彼は無名の港町で活動し、波止場近くのジャズクラブの常連客であった。ガールフレンドのエディ・ハート(ローラ・オルブライト)はクラブのシンガーであった。ハーシェル・ベルナルディはジャコビー刑事を演じた。ブレイク・エドワーズは以前に考えた探偵を元にピーター・ガンを作り出した。「私立探偵リチャード・ダイアモンド Richard Diamond, Private Detective」はディック・パウエルが主演となり1949年から53年までラジオで放送されたドラマであった。これは後にテレビ版がデヴィッド・ジャンセンを主演として1957年から60年まで放送された。このリチャード・ダイアモンドの成功がピーター・ガンの創造へ繋がる。エドワーズは以前にブライアン・キースのため「マイク・ハマー」のテレビ用パイロット版の脚本を執筆していた。当時のテレビドラマではオーケストラによる楽曲の使用が一般的であったが、本作ではモダン・ジャズがバックミュージックとして使用された。本作の印象的なテーマ曲はヘンリー・マンシーニが作曲し、彼のオーケストラによって演奏された(当時ジョン・ウィリアムズもオーケストラの一員であった)。トランペット奏者のショーティ・ロジャースと言った有名なジャズ・ミュージシャンが初期のエピソードに特別出演している。サウンドトラック・アルバムはビルボードのLPチャートで1位を記録するヒットとなった。マンシーニの作曲した「ピーター・ガンのテーマ」は印象的な曲であり、多くのジャズやロックのミュージシャンによってカバーされた。また放送期間中の1959年には、エディ・ハート役のローラ・オルブライトがマンシーニのサポートによりアルバム「DREAMSVILLE」を発表している。

ジ・アート・オブ・ノイズ (Art of Noise, The Art of Noise) は、イギリスのエレクトロニック・ミュージックのグループ。イタリア未来派の画家、作曲家、楽器発明家である ルイージ・ルッソロの論文「騒音芸術(Art Of Noises)」をグループ名の由来とするアート・オブ・ノイズは、トレヴァー・ホーンが立ち上げたZTTレコーズのサウンドエンジニアからなる、正体不明のユニットとして結成された。ZTTレコーズからチャイナ・レコードへ移籍した際に、アン・ダドリー(キーボード担当)、J.J.ジェクザリック(サンプリング担当)、ゲーリー・ランガン(ミキシング担当)、ポール・モーリーのメンバー名が公表された。1982年、アート・オブ・ノイズの原型となるマルコム・マクラーレンのアルバム「Duck Rock」では、トレヴァー・ホーンがプロデュースを手掛け、アン・ダドリーとゲーリー・ランガンが全トラックの作曲、演奏、ミキシング、プログラミングを担当した。ヒップホップに影響を受け、スクラッチの導入を試みた「Buffalo Gals」がシングルカットされ全英チャート9位(Music Week)を記録した。1983年に発表されたイエスのアルバム「ロンリー・ハート」でも、トレヴァー・ホーンがプロデュースを手掛け、J.J.ジェクザリックとゲーリー・ランガンの2人が、エンジニアリング、及びキーボード・プログラミングを担当した。また、シングルカットされた「ロンリー・ハート」は、全米チャート(Billboard Hot 100)1位を記録した。1983年にミニアルバム「Into Battle With The Art Of Noise」を発表後、1984年にデビューアルバム「誰がアート・オブ・ノイズを…」をリリースした。1stシングルの「Beat Box」は、映画「ブレイクダンス」の劇中で使用され、2ndシングルの「Close」は、全英チャート8位を記録した。また、3rdシングルの「Moments In Love」は、マドンナがイビサで結婚式を挙げた際にBGMとして使用された。1986年、チャイナ・レコードへ移籍し2ndアルバム「In Visible Silence」を発表した。デュアン・エディ をゲストに迎えたシングル「Peter Gunn」は、全英チャート8位を記録し、1987年にグラミー賞ベスト・ロック・インストルメンタルを受賞した。テレビ番組のキャラクターであるマックス・ヘッドルームとのコラボレーションで話題となった「Paranoimia」は、全英チャート12位を記録した。1987年、3rdアルバム「In No Sense? Nonsense!」からシングルカットされた「Dragnet(Danger Ahead/Dragnet March)」は、映画「ドラグネット 正義一直線」のテーマ曲としてサウンドトラックにも収録された。1988年、トム・ジョーンズをボーカルに迎えたプリンスのカバー曲「Kiss」は、全英チャート5位を記録しグループ最大のヒットとなった。1999年、アン・ダドリー、トレヴァー・ホーン、ポール・モーリー、ロル・クレームによって再結成され、ZTTレコーズに復帰しアルバム「ドビュッシーの誘惑」を発表し 、ヒップホップ・アーティストのラキムをゲストに迎えた「Metaforce」がシングルカットされた。2017年、累計で100万枚以上のセールスを記録した2ndアルバム「In Visible Silence」のリリース30周年を記念して、リブート・ツアーが行われた。アン・ダドリーによるアート・オブ・ノイズのセルフ・カバー・アルバム「Anne Dudley Plays The Art Of Noise」を発表した。





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif