FC2ブログ

永遠の夢に向かってB-29 スーパーフォートレス

 

B-29 スーパーフォートレス

B-29 スーパーフォートレス















Boeing-B-29-Supx1800_convert_20190804195902.jpg












Boeing B-29 Superfortress







































エノラ・ゲイ(Enola Gay)

エノラ・ゲイ(Enola Gay)は、太平洋戦争末期に運用されたアメリカ陸軍航空軍第509混成部隊第393爆撃戦隊所属のB-29の機名。B-29の中で原爆投下用の改造(シルバープレート形態)が施された15機の内の1機である。ビクターナンバー82、機体番号44-86292号機。1945年8月6日午前8時15分に広島県広島市に原子爆弾(原爆)「リトルボーイ」を投下したことで知られる。また同年8月9日の長崎県長崎市への原爆投下の際にも、投下の第1目標となった小倉市(現北九州市)の天候観測機として作戦に参加している。エノラ・ゲイは、ネブラスカ州に存在したグレン・L・マーティン・カンパニー ベルビュー工場(現オファット空軍基地)で製造された。その後、ポール・ティベッツ大佐により1945年5月18日に陸軍航空隊509混成部隊へ配属されることとなる。1945年7月6日にはアメリカ本土からテニアン島へ到着し、その日のうちに原爆を搭載するため、爆弾倉の改造が行われている。配属当初、ビクターナンバー「12」が割り当てられたが、所属部隊を表す垂直尾翼のマーキングを特殊作戦機と悟られないよう、通常爆撃戦隊である「第6爆撃隊」表示である大型円中心にRへと変更したため、誤認防止のため「82」へ変更された。初期は特殊任務機表示である大型円中心に左向きの矢印である。なお、原子爆弾投下に関する作戦任務終了後の1945年8月中には、テニアン島北飛行場に於いてビクターナンバーは「82」のままで垂直尾翼のマーキングだけを元に戻している。エノラ・ゲイは8回の訓練ののち、神戸・名古屋へのパンプキン爆弾を使用した爆撃を行った。7月31日には、テニアン沖にて、原爆投下のリハーサルを行い、「模擬リトルボーイ」を投下する。機体名称の由来は、機長であるティベッツ大佐の母親、エノラ・ゲイ・ティベッツ(Enola Gay Tibbets)から採られたものである。しかし、重要な任務を行う機体に対して母親の名前を付けることに、44-86292号機司令であるロバート・A・ルイス大尉(原爆投下任務時は副機長を務めた)は強い不快感を示した。

B-29 スーパーフォートレス(Boeing B-29 Superfortress)

B-29 スーパーフォートレス(Boeing B-29 Superfortress)は、アメリカのボーイングが開発した大型戦略爆撃機。愛称は「スーパーフォートレス」。日本語では「超要塞」を意味する。戦時中の文献ではスーパーフォートレスという愛称を「超空の要塞(ちょうくうのようさい)」と説明しているものもある。また、当時のニュースでは「超空の要塞(ちょうそらのようさい)」とも読んでいる。指揮官だったカーチス・ルメイが著した『超・空の要塞:B‐29』の日本語翻訳版では「ちょう・そら」と訳されている。アメリカ軍が対日戦で付けた愛称には、トウジョウズナイトメア(44-70124)、タナカターマイト(42-24749)がある。他にもチョットマッテ(44-86400、機長ウォルター・リーチ大尉)、カグツチ(42-24737)、トウキョウローズ(42-93852)、ヨコハマヨーヨー(42-24621)の愛称がある。 B-29は、中型爆撃機から発展したB-17と異なり、最初から長距離戦略爆撃を想定した設計である。B-29による日本本土空襲は、日本の継戦能力を喪失させる大きな要因となった。高空を飛ぶ場合、従来の飛行機では機内の気圧・気温が低下するため、対策として乗員・乗客に酸素マスクの装備、防寒着の着用が必要だが、B-29は高度9,000mで高度2,400m相当の気圧に維持することができた。これは毎分11.25㎏の加圧能力を持つ与圧装置を設置したことによるが、この技術はすでにボーイング社が製造していた、世界最初の気圧室を備えた商業旅客機ボーイング307の技術が応用された。ただ旅客機と異なり爆撃機は上空で大きな爆弾槽を開閉しないといけないという問題があったので、B-29では機体前部の操縦室と機体後部の機関砲座を与圧室として気圧を保ち、その両室を直径85㎝の長い管でつなぐことで解決した。与圧室をそれぞれ独立させて密閉することにより、機体中部に設置された大きな爆弾槽の扉を開閉しても、両室の気圧は維持された。搭乗員らは与圧室を移動する際は直径85㎝の管をはって通ることとなった。また与圧室が被弾したときのため、酸素ボンベも準備された。冷却機とヒーターを活用した機内冷暖房も完備されており、搭乗員らは通常の飛行服のみで搭乗していた。撃墜されたB-29乗員の遺体を日本側が回収した際、上半身Tシャツしか着ていない者もいるほど空調は完備されていた。それを知らない日本側は搭乗員に防寒着も支給できないとし、アメリカもまた困窮していると宣伝を行った。機体は軽量ながら強靭な装甲版に覆われて防御力も高かった。日本軍の戦闘機や対空砲火で無数の弾痕や高射砲の破片痕が開き、中にはそれが機体上部から下部に達するような大穴であったり、尾翼の大半が破壊されたりしても、マリアナ諸島の飛行場まで自力で帰還し、修理を終えて再出撃することもできた。






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif