FC2ブログ

永遠の夢に向かってインディアン

 

インディアン

インディアン















sawtoothindianmotorcycle-vt-touring.png













Indian Motocycle Company,Inc





























インディアン(Indian)とは1901年にその前身が設立され1923年その名となったオートバイメーカーインディアン・モトサイクル(Indian Motocycle Company,Inc)アメリカ合衆国で最も古いオートバイである。ほとんどのバイクが後輪を駆動するのに革ベルトを用いていた時代に、インディアンの第1号車はチェーンを使用していた。1920年代を通して排気量750ccと1,000ccのSVエンジンを搭載しハーレーダビッドソンよりも高級路線であり、高性能・高品質の代名詞となった。日本でも警視庁がバイクによる交通違反取り締まりを1918年にスタートさせた際に採用され、“赤バイ”と呼ばれて親しまれたことでも知られている。またチーフは塩谷隆志の小説エスパーオートバイシリーズの主人公になっている。力士時代の力道山が好んで乗っており、このバイクで場所入りしたこともある。1940年代のピーク時には世界最大の規模で3,000人が働いていたが、自動車の台頭などにより売上が落ち、1953年には元あった工場を閉め、1959年には会社を解散した。その後は幾人かのオーナーに引き継がれたが倒産が繰り返されている。

インディアンモーターサイクル

Indian Motorcycle























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif