FC2ブログ

永遠の夢に向かって『デンジャー・ゾーン』

 

『デンジャー・ゾーン』

『デンジャー・ゾーン』















57dd9c35b0ef97eb018b670e-w1280.jpg
















Northrop Grumman Corporation
















































ケニー・ロギンス、『トップガン』の主題歌は偶然だったと明かす。

楽曲「フットルース」「デンジャー・ゾーン」などの映画主題歌の世界的大ヒットで注目を浴びたケニー・ロギンスが、2018年9月17日(現地時間)、ニューヨークの3 West Clubで行われたハドソン・ユニオンのイベントで、自身の人生を振り返った。ケニーは、1948年にワシントン州エベレットで生まれ、旧友ジム・メッシーナとデュオ、ロギンス&メッシーナを結成。「シンキング・オブ・ユー」「ママはダンスを踊らない」などのヒット曲を生む。1977年にソロデビューした後は、スティーヴィー・ニックス、スティーヴ・ペリーなどのアーティストと組む中、マイケル・マクドナルドとのコンビで「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」「ディス・イズ・イット」などの楽曲を共作。1980年代に入ると「フットルース」「デンジャー・ゾーン」「心の夜明け」などの映画主題歌で大ヒットを飛ばした。その後も、子供向けのアルバムを制作するなど、独自の活動を続けている。最初に手掛けた映画のサントラは、バーブラ・ストライサンド、クリス・クリストファーソン共演の映画『スター誕生』。バーブラと映画プロデューサーのジョン・ピーターズがカップルだった当時、二人が手掛けた作品だという。「バーブラは、この映画のサントラを手掛けるために、自分が好きなミュージシャンたちに連絡を取っていたんだ。彼女から、『わたしの映画のために、作曲してくれない?』と言われてね。バーブラのような歌手から電話を受けるなんて光栄なことで、とてもクールだと思ったよ。その後、自宅に呼ばれ、彼女と2、3日共に過ごし、いくつか楽曲を聴いてもらったんだ。彼女は、その中から『愛を信じて』(原題『I Believe In Love』)を選んでくれたよ」。「フットルース」については、初めて脚本に合わせて作曲したそうだ。「僕の友人でもある音楽家ディーン・ピッチフォードは、作詞だけでなく、あの映画の脚本も書いていたんだ。彼が脚本を送ってくれて、そのとき初めて映像ではなく、脚本に合わせて作曲したよ。通常は、製作陣は音楽を後回しにするから、僕らミュージシャンは、出来上がった映像に沿って作曲をする。けれど、あの映画では脚本に合わせて書いたから、完成した映像を観るまで全くわからなかったんだ」。ちなみに、これ以降は脚本に合わせた作曲をしていないそうだ。映画『トップガン』に関わったことについては、幸運が重なったとケニーは語る。「あの映画は当時、音楽界でも話題になっていたんだ。製作陣は、当時活躍していたポップアーティストたちをテスト試写に呼んで、鑑賞させていたからね。ほとんどのミュージシャンは、あのオープニングシーンに驚いていたよ。ある日、劇中音楽を担当したジョルジオ・モロダーのアシスタントから連絡があって、『ジョルジオが作曲した「デンジャー・ゾーン」という楽曲のレコーディングをあと2日でしなければならないが、歌うアーティストがいない。スタジオに来て、楽曲のチェックをしてくれないか』と言われたんだ」。ケニーは、楽曲に多少手を加えて歌い、結果的に、それが今残されているあの曲になったのだそうだ。ケニー・ロギンス(Kenny Loggins)の名で活動するケネス・クラーク・ロギンス(Kenneth Clark Loggins, 1948年1月7日 - )はアメリカのミュージシャン。日本では、特に「フットルース」や「デンジャー・ゾーン」などの映画主題歌のヒットで1980年代に人気を博した。ワシントン州エベレット生まれ。カリフォルニア州アルハンブラにて育つ。音楽出版社に勤める傍らABCレコード所属の作曲家としても活動。旧友ジム・メッシーナのプロデュースでデビュー・アルバムを制作するにあたり、メッシーナとのデュオ、ロギンス&メッシーナを結成する。1972年にデビュー。アコースティックでポップなサウンドで、「プー横町の家」、「ママはダンスを踊らない」などのヒットを飛ばす。ロギンスが作曲した「ダニーの歌」や「愛の歌」は、カナダの女性歌手アン・マレーが採り上げ、全米ナンバーワンヒットを記録したことでも有名である。1977年からはソロとして活動を開始し、1978年、スティーヴィー・ニックスと共演した「二人の誓い」がヒットした。作曲家としても、ドゥービー・ブラザーズの「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」をマイケル・マクドナルドと共作しグラミー賞を受賞するなど、高い能力を示している。転機となったのは1980年代。1984年には映画『フットルース』の同名主題歌が全米1位を獲得。一躍トップ・スターの仲間入りを果たし、1985年にUSAフォー・アフリカに参加。「ウィー・アー・ザ・ワールド」で2小節リードボーカルをとっている(パートとしては2回目のサビで、ブルース・スプリングスティーンの次、スティーブ・ペリーの前)。1986年には映画『トップガン』の主題歌「デンジャー・ゾーン(英語版)」が全米第2位の大ヒットとなり、映画とともに世界中でヒットを記録した。「デンジャー・ゾーン」は、日本では1989年に「日産・マーチスーパーターボ」のCM曲として、1997年には「日産・マキシマ」アメリカのみは、スーパーボウル1997年のCM曲、 1997年にはトヨタ・カルディナのCM曲、さらには2010年にスバル・トレジアのCM曲としても採用された。1990年代以降も、地道にアルバムをリリースして活動中。2005年にはロギンス&メッシーナを再結成。大規模な全米コンサートツアーを行い、アルバム Loggins and Messina Sittin' in Again をリリースした。2013年9月17日に発売されたコンピュータゲームグランド・セフト・オートVのサウンドトラックではラジオDJを務め、自身の曲「アイム・フリー」も提供している。






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif