FC2ブログ
 

マイル 22

マイル 22















e552b741225d8b0740b55e8f2c3c0f20_convert_20190130023142.jpg














映画「マイル22」公式サイト






















































『マイル22』(Mile 22)は2018年のアメリカ合衆国のアクション・スリラー映画。監督はピーター・バーグ、主演はマーク・ウォールバーグが務めた。なお、バーグ監督とウォールバーグがタッグを組むのは本作で4回目となる。ジェームズ・シルヴァはCIAでもトップクラスの能力を持つエージェントであったが、アメリカで最も優秀とされる戦術部隊から選抜された極秘部隊「グラウンド・ブランチ」に所属しているため、組織内でも彼の存在を知っている者はほんの少数であった。映画はシルバが率いる小隊が、米国内のFSB(旧KGB)のアジトを急襲するところから始まる。FSBの抵抗により本部は「敵の射殺」を許可する。最後の一人は18歳の少年であった。シルバに射殺される直前に「(俺を殺すと)後悔するよ」との言葉を残す。6年後、彼は「グラウンド・ブランチ」の小隊とCIA分析官のビショップ率いる情報チームによる合同部隊"オーバーウォッチ"の一員としてロシアの工作員が奪った強力な放射性物質(セシウム)を追っていたが、物質の手がかりは見つからなかった。東南アジアの国家インドカーにて、部員のアリスが得た情報をもとに作戦行動をするもセシウムは得られず、カービン銃とムンクの絵だけであった。数日後アメリカ大使館にリー・ノールという元警官が現れ、セシウムの所在情報と引き換えに亡命を求めた。リーはアリスにガセネタを渡した本人であった。リーはセシウム情報の入ったモバイルディスクを持っていたがそれは8時間で自動消去されるようになっていた。インドカー政府はリーの引渡しを求める。米大使館(=CIA)が拒否すると、リーの身体検査をする医療従事者に刺客を紛れ込ませて襲うことまでする。そこまで大事な人物なら、ということで米大使館は米国本国へリーの身柄を送ることにする。シルヴァは"オーバーウォッチ"の仲間と協力し、情報提供者のノールを国外へ退去させる任務に当たることになった。チームは全員「米国政府関係者では無い」ふりをするために辞表を提出に任務に就く。ノールが潜伏している大使館と空港の間は22マイル(約35km)しか離れていなかったが、ノールの命を狙う追手の攻撃は執拗を極め、1マイル進むことにすら支障を来す状況となる。チームは7人、二台に分乗して進むも、すぐにインドカー政府の諜報員のバイク部隊に襲われ自動車と部下4人を失う。 近くにある隠れ家(レストラン)に入るも、そこにも敵はやってくる。 本部の指示でグレーのBMWを奪い集合住宅に逃げ込む。そこで更に部下ひとりが死亡。敵部隊を全滅させ空港に向かうも直前でインドカー政府の諜報部ボスの車が立ちはだかる。 本部はドローンよりミサイルを発射し諜報部ボスの車を破壊する。空港でリーを軍の輸送機に移す直前にモバイルディスクの暗号化解除のパスワードを聞く。 部下のアリスも輸送機に乗る。 シルバのみ空港に残る。本部(マザーと言う暗号呼称)は突如FSBの地上部隊に急襲される。ここでボスは6年前の事件を思い出す。今回の出来事はロシアの高官が「息子の復讐」として仕組んだことだった。リーは3重スパイだった。復讐のターゲットはシルバと彼が所属するチームであった。 輸送機からの無線通信で「小包が拳銃を奪い・・・」と聴こえてきた。
























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif