FC2ブログ

永遠の夢に向かって『トワイライト』

 

『トワイライト』

『トワイライト』















electric-light-orchestra-51576b22da506_convert_20181111195233.jpg














「ELO」公式ウェブサイト









































『トワイライト』、オタク文化をメインストリームに押し上げたあの名曲

今や、政府が『アニメは日本の文化だ』などと言い出してクールジャパン担当大臣がコスプレ姿で海外イベントに登場するまでになった。自称ゴスロリ大臣の画像がネットに流れた時、ふっとバニーのコスプレ美少女とELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)の「トワイライト」(1981年)がリフレインしたのは僕だけだろうか(汗)。別にELOが好きだった訳でも大臣に萌えた訳でもない。彼らの音楽を知るきっかけとなったのは学生時代に観たある自主映画だ。ある日、大学のサークルで一緒になった友人のアパートに行くと面白いビデオがあるから観ようと言う。それは「DAICON Ⅳ」という短編アニメーションだった。内容は僕らが子供の頃から慣れ親しんできたウルトラマン、ヤマト、ガンダム、戦隊ロボット、スターウォーズ、エイリアン、マーベルヒーロー等々、和洋の特撮アニメのキャラクターを次々と登場させたもの。VHSで再生したブラウン管には、オモチャ箱をひっくり返したようなSFの世界の中でバニーのコスプレ美少女がバトルを繰り広げていた。その美少女が戦うバックに爽快に流れていたのがELOの「トワイライト」だ。ドラマ「電車男」のオープニング曲と言えばわかる人も多いだろう。この自主制作アニメを作り出したのが、後に「エヴァンゲリオン」をヒットさせ、今尚、大きな影響力をアニメ界に与え続けている庵野秀明(あんの・ひであき)監督を中心とするガイナックスの中心メンバーたち。現代のようにコンピュータが発達する前のこと。素人同然の学生がセル画を描きフィルムで撮影するというアナログ的な手法で作った作品とは到底思えない仕上がりに当時は恐ろしく感動したものです。『トワイライト』(Twilight) は、1981年発表のエレクトリック・ライト・オーケストラ制作・演奏のアルバム『タイム』における2曲目のトラックで、同アルバムからの2番目のシングルである。前のトラック「プロローグ」と次曲「ロストワールド 2095」とのメドレーになっており、当時のツアーでも三曲続けて演奏された。タイムトラベルをテーマにしたコンセプトアルバム「タイム」のオープニングナンバーで、作曲者のジェフ・リンは歌詞について「タイムトラベルについての曲。主人公はベッドで横になりながら窓の外を眺めている」と語っている。1982年にトヨタ・セリカXXのCMで採用される。1983年の日本SF大会「DAICON IV」でオープニングアニメーションに用いられた。2005年に『電車男』で用いられた。雪で造られた巨大な〔B〕の文字の上をバートンチームのほぼ全員が滑走する2009 - 2010年のバートン・スノーボードフィルム「The B Movie」で用いられた。エレクトリック・ライト・オーケストラ(英: Electric Light Orchestra)は、イングランド出身のロック・バンド。通称「ELO」。前身のロックバンド「ザ・ムーブ」から発展。1970年代の米国で最も多くの(ビルボード40位以内の)ヒット曲を放ち、1980年代まで世界的な人気を博した。1990年代以降は創設メンバー ジェフ・リンやベヴ・ベヴァンらが、冠名義で活動している。2017年『ロックの殿堂』入り。レコードデビュー後しばらくの間、ロックバンドにストリングス楽器担当(チェロ2名、バイオリン1名)がメンバーとして在籍するユニークな編成で、クラシックの弦楽三重奏の要素を取り入れた独特のサウンドが特徴だった。1974年発表の『Eldorado』でストリングス・アレンジにルイス・クラークを迎えて以降、レコーディングではロックバンドとフル編成のオーケストラ・サウンドを融合させた楽曲アレンジを構成するように変化し、バンド内のストリングスメンバーのサウンド面への貢献は減少した。その後、1970年代後半から1980年代にかけて、従来のオーケストラ・サウンドに加えてシンセサイザーを多用した楽曲アレンジをするようになり、よりポップな方向へサウンドを変化させていった。1979年発表の『ディスカバリー』を機に、ストリングス・メンバーを解雇(ライブのための「サポートメンバー」に降格)し、ギター、ベース、ドラム、キーボードの4人編成となった。E.L.O.には「Telephone Line」「Hold On Tight」など、個人的に好きな曲は他にもあるのですが、日本でメジャーなのはやっぱりこの曲です。ドラマ「電車男」のオープニングに使用され、アキバ文化を表の世界にリードした一曲とも言われていますので、メロディーだけでもご存知の方は多いのではないでしょうか。改めて聴きなおすと、軽快なメロディーとは裏腹に、とても叙情的で内容の濃い曲だったことに気付かされました。全体を通して「夜が終わる、起きなければいけないけれど、もうすこしこのままでいたい」という歌詞ですが、これはメタファー的表現だと捉えることができます。そして主人公が過ごしている夜の時間とは「きみ」と一緒に過ごしてきた時間のことを指しているということも、比較的簡単に理解できます。つまり、「心地よい眠りから覚め、朝布団から出たくない」のと同じように「きみと離れたくない」という未練がましい気持ちが前面に出ているわけです。しかし一方で「夢」と訳しましたが、visionというのはこれから描いていく肯定的な未来というニュアンスが強く、目覚めた後に待っているものが肯定的な明日・未来であることが想像できます。結局主人公は、「目覚めなければいけない、これから描いていく未来は現状から抜け出した先に広がっているのだ」ということを自覚しているんです。そしてもう一つ重要なのが、今までの夜の時間も惰眠ではなかったということ。「きみのせいで引き返せないところまで来ちゃったじゃないか」と言いつつも、決して「きみとの時間が無駄だった」という否定はしていないんです。一見ファンタジックでふわっとしたようなメロディーですが、やはり流石はE.L.O.、心に響く詩をうたってくれます。結局は、寝起きも恋も人生も、未練をどう断ち切って未来を描くかが重要ってことです。














Twilight

(Electric Light Orchestra)


The visions dancing in my mind
The early dawn, the shades of time
Twilight crawling through my windowpane
Am I awake or do I dream
The strangest pictures I have seen
Night is day and twilight's gone away

With your head held high and your scarlet lies
You came down to me from the open skies
It's either real or it's a dream
There's nothing in between

Twilight, I only meant to stay a while
Twilight, I gave you time to steal my mind
Away from me

Across the night I saw your face
You disappeared without a trace
You brought me here, but can you take me back
Inside the image of your light
That now is day and once was night
You lead me here and then you go away

It's either real or it's a dream
There's nothing in between

Twilight..., Twilight...,
Twilight, I gave you time to steal my mind
Away from me

You brought me here but can you take me back again?

With your head held high and your scarlet lies
You came down to me from the open skies
It's either real or it's a dream
There's nothing in between

Twilight, I only meant to stay a while
Twilight, I gave you time to steal my mind

Twilight, I only meant to stay a while
Twilight, I only meant to stay a while
Twilight...




トワイライト

ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)


色々な景色が頭の中をめぐる
夜明け前、時の帳のなかで
薄明かりが窓ガラスから入ってくる
これは夢…?現実…?
見たこともないような光景がうかぶ
夜は明け、薄明かりは昼の光に消えてゆく

きみは堂々と胸を張り、真っ赤な嘘を携えて
この広い空から僕のもとへ舞いおりた
これは夢か現実のどちらかで
その「中間」なんてものはないとわかっているけれど

薄明かりのなか、もうすこしこのままでいたいんだ
薄明かりのなか、きみに僕の心を奪う時間をあげるから
盗み去ってくれよ

夜の向こう側に君の顔を見たけれど
君は跡形もなく消えてしまった
こんなところまで連れてきておいて、きみは僕をもとに戻してくれるのかい?
きみのその光の世界の内側は
過去の夜を乗り越えてのものだったんだね
きみはぼくをここまで導いてどこかに行ってしまった

これは夢か現実のどちらかで
その「中間」なんてものはないとわかっているけれど

薄明かり…
この薄明かりのなか、きみに僕の心を奪う時間をあげるから
盗み去ってくれよ

こんなところまで連れてきておいて、きみは僕をもとに戻してくれるのかい?

きみは堂々と胸を張り、真っ赤な嘘を携えて
この広い空から僕のもとへ舞いおりた
これは夢か現実のどちらかで
その「中間」なんてものはないとわかっているけれど

薄明かりのなか、もうすこしこのままでいたいんだ
薄明かりのなか、きみに僕の心を奪う時間をあげるから…

薄明かりのなか、もうすこしこのままでいたいんだ
薄明かりのなか、もうすこしこのままでいたいんだ
薄明かりのなかで…
























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif