FC2ブログ

永遠の夢に向かって『羊をめぐる冒険』

 

『羊をめぐる冒険』

『羊をめぐる冒険』















picturc958f45e03b4611b050b.jpg















村上春樹新聞




































『羊をめぐる冒険』は、村上春樹の3作目の長編小説。文芸誌『群像』1982年8月号に掲載され、同年10月13日に講談社より単行本化された。表紙の絵は佐々木マキ。「鼠三部作」の3作目である。1985年10月8日に講談社文庫として上下二分冊で文庫化され、2004年11月16日には文庫版の改訂版が出版された。本書により村上は第4回野間文芸新人賞(1982年)を受賞した。また、1991年にフランス語訳版『La Course au mouton sauvage』を翻訳した功績により、パトリック・ドゥヴォスが第2回野間文芸翻訳賞を受賞した。2002年時点までに、単行本・文庫本を合わせて247万部が発行されている。2016年7月1日、電子書籍版が配信開始。1980年10月に刊行された村上龍の『コインロッカー・ベイビーズ』に感銘を受けた村上は、同じくらい息の長い作品を書きたい、モンタージュよりもストーリーテリングの見地から物語に勢いと強い完全性を与えたい、と思うようになる。翌1981年、村上は小説に専念するためジャズ喫茶「ピーター・キャット」を人に譲り渡した。「羊」というキーワードは前作『1973年のピンボール』の高橋たか子の書評(『群像』1980年4月号)から生まれた。「刈りこまれたつつじが草をはむ羊のような姿でところどころにちらばっていた」という描写について、日本には羊がいないのだから不適切な喩えだと高橋は述べた。村上は日本にも羊がいるに違いないと確信し、1981年10月、北海道に渡り、実際の羊を目にし、飼育者の話を聞き、役所に行って資料を調べた。取材旅行を行った後、千葉県の習志野にあった自宅で約4か月間集中して第一稿を書き上げた。村上は川本三郎との対談の中でレイモンド・チャンドラーの長編小説『長いお別れ』を下敷きにして書いたと述べており、また、1992年11月17日にバークレーで行った講演で次のように語っている。「この小説はストラクチャーについてはレイモンド・チャンドラーの小説の影響を色濃く受けています。(中略) 僕はこの小説の中で、その小説的構図を使ってみようと思ったのです。まず第一に主人公が孤独な都市生活者であること。それから、彼が何かを捜そうとしていること。そしてその何かを捜しているうちに、様々な複雑な状況に巻き込まれていくこと。そして彼がその何かをついに見つけたときには、その何かは既に損なわれ、失われてしまっていることです。これは明らかにチャンドラーの用いていた手法です。僕はそのような構図を使用して、この『羊をめぐる冒険』という小説を書きました」本書はフランシス・フォード・コッポラ監督の映画『地獄の黙示録』に着想を得たとも言われている。1978年7月、大学時代に関係を持ったことのある女の子がトラックに轢かれて死んだ。妻と別れた直後のことだった。8月のはじめ、「僕」は耳専門の広告モデルの女の子と知り合い、彼女は「僕」の新しいガール・フレンドとなった。9月後半の昼下がり、仕事を休んでベッドの中で彼女の髪をいじりながら鯨のペニスや妻のスリップについて考えていると、ガール・フレンドが言った。「あと十分ばかりで大事な電話がかかってくるわよ」彼女ははっか煙草を吸って「羊のことよ」と言った。「そして冒険が始まるの」「僕」が相棒と共同経営している広告代理店に、右翼の大物の秘書が現われた。秘書は相棒に担当者(僕)と直接会って話がしたいと言った。「僕」が右翼の大物の屋敷に行くと、会社で製作したPR誌のページを引きのばした写真を見せられる。写真には星形の斑紋のある羊が一匹まぎれこんでいた。それは「鼠」によって北海道から送られてきた写真だった。出所がどこか尋ねられるも「僕」は拒否する。男は言った。「今日から二ヵ月以内に君が羊を探し出せれば、我々は君が欲しいだけの報酬を出す。もし探し出せなければ、君の会社も君もおしまいだ」「僕」は会社を辞め、ガール・フレンドと共に北海道へ渡った。

読書LIFE ~毎日が読書日和~























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif