FC2ブログ

永遠の夢に向かってデス・ウィッシュ

 

デス・ウィッシュ

デス・ウィッシュ















eli-roths-death-wish-reboot-moves-back-to-2018_convert_20181029210434.jpg














映画『デス・ウィッシュ』オフィシャルサイト






























『デス・ウィッシュ』(Death Wish)は2018年にアメリカ合衆国で公開されたアクション映画である。監督はイーライ・ロス、主演はブルース・ウィリスが務めた。本作はブライアン・ガーフィールドが1972年に上梓した小説『狼よさらば』を原作とした映画作品『狼よさらば』(Death Wish)のリメイク作である。穏やかな性格で争いごとを好まない外科医のポール・カージーはシカゴで妻と娘と一緒に暮らしていたが、彼が不在の時に自宅に押し入った三人組の強盗によって妻は殺害され娘は意識不明の重体にされてしまった。妻の葬儀のためにテキサス州にある妻の実家の農場を訪れたポールは、農場に侵入して狩猟していた密猟者に威嚇射撃をした義父の「警察は事件が起こらないと行動できない。こんな所に来るまでに時間もかかる。結局自分のものは自分で守るしかないのだ。」という一言から自衛ということを考えるようになった。その後、捜査の進捗を調べるために警察署を訪れたポールは壁一面に無数に貼られた未解決事件リストを目にして、自衛ではなく自警が必要と考えるようになり行動へ移していく。ポールの非情で冷酷な行動の動画が目撃者によってネットに公開されると、マスメディアはポールを「シカゴのグリム・リーパー(死神)」と呼ぶようになる。2006年、シルベスター・スタローンが『狼よさらば』を再映画化し、自ら監督と主演を務めるつもりだと述べた。スタローンは「チャールズ・ブロンソン演じるポール・カージーは建築家でしたが、私はポールを善良な警官―しかも、訓練以外で拳銃を使うことなく生きてきた警官―として描写するつもりです。そうすることで、ポールは復讐を実行すべきか否かという倫理的葛藤に追い込まれることになります。」「1974年版をリメイクをするのではありません。」と語った。2012年1月、ジョー・カーナハンが『狼よさらば』の脚本を執筆し、監督も兼任する予定だと報じられた。カーナハンはリーアム・ニーソンとフランク・グリロの出演を希望していたのだという。カーナハンが降板してから4年間、後任の監督が決まらずに企画が迷走した。2016年3月、後任の監督がアハロン・ケシャレスとナヴォット・パプシャドに決定し、ブルース・ウィリスがポール・カージーを演じることが決まった。ポール・カージー役にはラッセル・クロウ、ウィル・スミス、マット・デイモン、ブラット・ピットらも候補に挙がっていたという。5月、脚本の修正を巡りスタジオ側と対立したため、ケシャレスとハプシャドが降板した。6月、2人の後任として、イーライ・ロスが起用されることとなった。8月25日、ヴィンセント・ドノフリオとディーン・ノリスが本作に出演するとの報道があった。10月7日、キンバリー・エリスとカミラ・モローネの出演が決まった。17日、ロニー・ジーン・ブレヴィンスが本作に出演すると報じられた。2016年9月、本作の主要撮影がシカゴで始まった。10月にはカナダのモントリオールでの撮影が行われた。2017年6月、アンナプルナ・ピクチャーズは本作を同年11月22日に全米公開すると発表した。しかし、同年10月、本作の全米公開日が2018年3月2日に延期され、全米配給をメトロ・ゴールドウィン・メイヤーが手掛けるとの報道があった。本作は『レッド・スパロー』と同じ週に封切られ、公開初週末に1500万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが、実際の数字はこれを若干下回るものであった。2018年3月2日、本作は全米2847館で公開され、公開初週末に1301万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場3位となった。本作は批評家から賛否両論であった。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには125件のレビューがあり、平均点は10点満点で3.9点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『デス・ウィッシュ』はオリジナルの単なる焼き直し以上のものであり、オリジナルにあった根性と信念は残っている。ただ、公開時期があまりにも悪かった。」となっている。また、Metacriticには32件のレビューがあり、加重平均値は31/100となっている。なお、本作のシネマスコアはB+となっている。 一方でサンフランシスコ・クロニクルのミック・ラサークは、「本作は、一作目以降の『デス・ウィッシュシリーズ』よりも優れている」と高く評価した。またInternet Movie Databaseでのユーザー評価は84%であった。本作の全米公開に先立つ2018年2月14日、フロリダ州の高校で銃乱射事件が発生していた。それ故、「人々の記憶に当該事件が焼き付いている状況下で、拳銃を使った自警行為を称賛するかのような作品を公開したのは適切ではない」という主旨の批判が相次いだ。こうした批判に対し、イーライ・ロス監督は「私は家族について語りたかったのです。『もし自分の家族がカージー家のような目に遭ったなら、貴方はどうしますか』という主題にこだわりたかったのです。銃社会を讃えたかったわけではありません。」と釈明している。『狼よさらば』 -1974年にアメリカ合衆国で公開された映画で、ブライアン・ガーフィールドの同名小説を映画化した作品である。監督はマイケル・ウィナー、主演はチャールズ・ブロンソンが務めた。グロック17は劇中でポール・カージーが主に使っていた拳銃。

『金持ちの成功者から学ぶ』























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif