FC2ブログ

永遠の夢に向かってI've Never Been to Me

 

I've Never Been to Me

I've Never Been to Me















369987-svetik_convert_20180928000606.jpg














I'VE NEVER BEEN TO ME - CHARLENE
















































「愛はかげろうのように」(I've Never Been to Me)は、1976年のアメリカの歌。1977年にリリースされたシャーリーンのバージョンが代表的なものとして知られる。シャーリーン(CHARLENE)はアメリカ合衆国カリフォルニア州ハリウッド出身のR&B歌手。"I've Never Been to Me"(「愛はかげろうのように」)のヒットで一躍有名になった。作詞・作曲はモータウンのヒットメーカーとして知られるロナルド・ノーマン・ミラーとケネス・ハーシュ。最初に録音がリリースされたのは、ランディ・クロフォードの歌唱で、彼女の1976年のアルバム「Everything Must Change」に収録されたものである。このほか1977年には、シャーリーンのバージョンのほかにも、ナンシー・ウィルソンやウォルター・ジャクソンによって録音され、ナンシー・ウィルソンのバージョンは、この歌の初めてのシングルカットとしてビルボードのR&Bチャートで47位まで上昇した。ウォルター・ジャクソンのバージョンは、男性の視点に修正した歌詞で歌われたが、1977年春に出た彼のアルバム「I Want To Come Back As A Song」に収録されている。1978年2月に、メアリー・マグレガー によるバージョン(日本語題は「幸福(しあわせ)はかげろうのように」)が、彼女のアルバム「In Your Eyes」からの先行シングルとしてリリースされた。このバージョンはビルボードのイージーリスニングチャートで29位に達した。1978年にはマーティ・ケイン もアルバム「Behind the Smile」用にこの歌を録音してシングルカットし、ドイツの歌手マリー・ロースはミヒャエル・クンツェのドイツ語詞によるカバー「Doch mich selber kenn ich nicht」をアルバム「Maryland」に収録している。シャーリーンは、1977年発売予定のアルバム「Charlene」のため、1976年に「愛はかげろうのように」を録音した。同曲はこのアルバムの三番目のシングルとして1977年9月にリリースされたが、ビルボードの最高順位で97位と、同じアルバムからのシングルの「It Ain't Easy Coming Down」や「Freddie」(それぞれビルボードで最高23位と40位)より低い順位に終わった。1982年、フロリダ州タンパのラジオ局で放送されたことから人気が急上昇、アメリカのヒットチャートで3位、イギリスで1位、1983年にはオーストラリアで6週連続1位を獲得するなど世界的大ヒットとなった。1994年の映画『プリシラ』でも使用された。






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

こんにちは

久々のコメントありがとうございます。新しい名曲も、どんどん生まれているのでしょうが、記憶の彼方に埋もれた曲や映画、流行なども、新しい発見があつたり、楽しいですよね。

NoTitle

その昔、この曲って、オリビア・ニュートンジョンが歌っている
のだとばかり思っていました。(汗)
変なコメントですみません。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif