FC2ブログ

永遠の夢に向かってデイビット・ウィルコックス

 

デイビット・ウィルコックス

デイビット・ウィルコックス















jpegGFGF.jpg















David Wilcox - That Hypnotizin' Boogie




































ブギ(boogie)とはスウィングまたはシャッフルのリズムによる反復フレーズでありブルース、スウィング・ジャズ、ロックンロールなどの音楽で用いられる。ブギーとも表記される。元々ピアノで演奏されたブギウギ(boogie-woogie)スタイルのリズムをギターやダブルベースなどの楽器に適用したもの。アルバート・アモンズ、ミード・ルクス・ルイス、ピート・ジョンソンの”ブギウギ・トリオ” は、ピアノ・トリオとして知られている。20世紀初頭、テキサス、ルイジアナ、オクラホマ、ミズーリ各州のブルース・ピアニスト達は後のブギ・ウギを特徴づける1小節8拍のベース・パターンを取り入れ演奏していた。彼らは1曲を通してブギ・ビートを弾くことは無く、ジャズで言うダブル・タイム のように4拍と8拍を織り交ぜ使用した。当時この技法には確固たる名称も無かった。 ピアニストは堤防工事、テンピン油採取、材木伐採などの飯場にあるバレル・ハウス(安酒場)・サーキットを廻った。製材業の労働環境は劣悪で白人労働者との競争は無く、黒人就労者で占められていた。キャンプ(宿泊施設)はまさに無法地帯で売春、賭博はおろか私刑(リンチ)、殺人が日常的に行われ、ピアニストは一晩演奏しナイフも鉛玉も喰らわなければそれを幸運とした。最も初期の証言としてW.C.ハンディはベニー・フレンチー、ソニー・バック、セイモア・アバーナシーらの名を挙げ「エイト・ビートのブギウギのはしり」と評している。ジェリー・ロール・モートンはテネシー州メンフィス「モナーク・サルーン」でベニー・フレンチーの演奏を聴いている。「フレンチーが演奏すると、娼婦たちが壁までまっしぐらにかけていって、小走りのステップを踏みながら手を叩いて、右足をうしろの方へ蹴りあげる。それから『ああ、弾いて、ベニー、弾いて』って言うんだ」ブルースロック (blues rock) は、ロック音楽のジャンルの一つ。1960年代以降のロックの中で、白人がブルースをロック的なスタイルで演奏したものをブルースロックと呼ぶ。ブームはイギリスで始まり、アメリカでもブルースロックを演奏するミュージシャンが現れた。原点はB.B.キングやマディ・ウォーターズ、エルモア・ジェームスらが演奏したブルースであり、その模倣から始まった。エレクトリック・ギターがバンドの主役となり、歌よりも即興による演奏に白人のブルース・ファンの関心が集まった。スタジオ録音作品では、エレクトリックギターの力強いが繊細な響きを聴かせるというイメージもあるが、実際のライブでは爆音ともいえる大音量で演奏を繰り広げていた。イギリスでは1961年に、アレクシス・コーナーがスキッフル仲間だったシリル・デイヴィスを誘い、ブルース・インコーポレイテッド[1]を結成した。さらにコーナーはエレクトリック・ブルースを演奏するだけでなく、ブルースのライブハウスまでオープンさせてしまう。コーナーのバンドには、ジャック・ブルースやデイック・ヘクストール・スミスも在籍していた。また、ライブハウスの客にはミック・ジャガーやブライアン・ジョーンズ、スティーヴ・マリオット、エリック・クラプトンらもいた。後にローリング・ストーンズやアニマルズもブルース・ロックを演奏し始めた。






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif