FC2ブログ

永遠の夢に向かってシー・ドライブズ・ミー・クレイジー

 

シー・ドライブズ・ミー・クレイジー

シー・ドライブズ・ミー・クレイジー
















shontamedunwanted-d3gdk9r.jpg















シー・ドライブズ・ミー・クレイジー (彼女が俺を狂わせる) - ファイン・ヤング・カニバルズ










































どうしようもないくらい彼女に夢中にさせられるという曲で、スカとテクノの要素が取り入れられたポップ・ロック。ソングライターはヴォーカルのローランド・ギフトとベースのデヴィッド・スティール。もともと “She’s My Baby” というタイトルで、普通に歌う予定だったというこの曲は、ちょっと奇妙な雰囲気を醸し出しているファルセット(裏声)と、工夫を凝らして作り上げられたというスネア・ドラムのビートが非常に印象的で、インパクトのあるサウンドに仕上げられています。また、MTVのベスト・ビデオにノミネートされたビデオは、前にしか進めないカンガルーのようにドラムのビートに合わせて飛び跳ねるダンサーの動きにも注目が集まりましたが、これは彼女に夢中になって周りが見えなくなっている(前しか見えない)様子が表現されているようです。ザ・ビート(アメリカではザ・イングリッシュ・ビート)が1983年に解散し、メンバーだったギターリスト、デイヴ・コックスとベーシスト、デイヴィッド・スティールはザ・ビーツのルーツ・ミュージックであるスカにジャズとソウルを加えて新しい音楽を創造したいという意欲に駆り立てられる。バンドの顔であるシンガーを求めて何百人とオーディションするが、彼らが求めているシンガーはなかなか見付からない。そこで、コックスとスティールはザ・ビートをかつてサポートしていたバンドのシンガー達から捜し出すことを決めた。バーを主に活動の場とするザ・ボーンズというR&Bバンドのシンガー、ローランド・ギフトと出会った。シドニー・ポワチエ似だがオーティス・レディングのように歌う存在感のあるシンガーだった。彼こそがコックスとスティールが正に捜し求めていたシンガーだった。ギフトはパンク・ミュージックの出現まで、十代を劇団で過ごし俳優を目指していた。当にパンク・ミュージックがマッドネスのようなツートン・スカ・ミュージック・バンド、もちろんザ・ビートにチャンスをもたらした時でもあった。1985年にこの3人によってファイン・ヤング・カニバルズは結成される。同年1stアルバム『ファイン・ヤング・カニバルズ』をIRSよりリリース。「ジョニー・カムズ・ホーム」、「サスピシャス・マインド」(エルビス・プレスリーのカヴァー)などのスマッシュ・ヒットが生まれる。1stアルバムから4年後、彼らをスターダムに押し上げる2ndアルバムであり最後のオリジナル・アルバムとなってしまう『ザ・ロー&ザ・クックド』をリリース。「シー・ドライヴス・ミー・クレイジー」は全米No.1に輝く!このシングルのメガ・ヒットを受けてアルバムは全米、全英No.1を獲得。日本においても「シー・ドライヴス・ミー・クレイジー」は某大手自動車メーカーのCMにも使用されるなど話題の楽曲となった。続いて「グッド・シング」もヒット。この時がファイン・ヤング・カニバルズの絶頂期であった。1990年、リミックスに力を入れていたバンドは大ヒット・アルバムのリミックス・アルバム『ザ・ロー&ザ・リミックス』。その後、バンドとしての活動は停止状態に。1996年に正式に解散が発表され、その直後にベスト・アルバム『ファイネスト~ベスト・オブ・ファイン・ヤング・カニバルズ』がリリースになりファイン・ヤング・カニバルズの幕は静に下ろされた。解散後、ギフトは彼が十代の頃から夢見ていた俳優としての活動、そしてミュージカルのスコアを手掛けるなど活躍の場を広げていく。(アルバム制作に入ってからもミッチー・グリーソン監督による”The Island of the Mapmaker1s Wife”に出演するために時間を割いている。)アクター、ミュージカルのスコア・メイカーとして活躍していたギフトは自分が用意した新作の為の楽曲が世間から受け入れられなければシンガーとしてのキャリアに終止符を打つつもりだった。彼の不安を余所に新作をオーディエンスの前で披露すると喝采と共に彼の復帰は迎えられたのだった。2002年春、あの声が戻ってくる。ファイン・ヤング・カニバルズ(Fine Young Cannibals)は、イギリス・バーミンガム出身の3人組ポップス・バンド。1989年に"She Drives Me Crazy"と"Good Thing"の2曲が全米シングルチャートのナンバー1を記録した。スカ、R&B、テクノ等の要素を盛り込んだ独特のサウンドは、解散した今もなおポップズシーンに大きな影響を与え続けている。前身であるザ・ビートが解散したのは1983年のこと。メンバーであったアンディ・コックス(ギター)とデイヴィッド・スティール(ベース)は、新たにローランド・ギフトという無名のボーカリストを加え、1985年にファイン・ヤング・カニバルズを結成した。同年にファーストアルバムをリリースした後、アメリカのコメディ番組に彼らの曲が使われたことから話題となった。そして1988年にナンバーワンソング2曲を含む「ザ・ロー&ザ・クックド」をリリースした。1990年にリミックス・アルバムである「ザ・ロー&ザ・リミックス」をリリース後、メンバー間の音楽的相違により活動が停止され、1995年に正式に解散が発表された。解散後、ローランドは俳優となり、残りの2人は現在も共に音楽活動を続けている。














シー・ドライブズ・ミー・クレイジー (彼女が俺を狂わせる)

ファイン・ヤング・カニバルズ



止められない この想い
君のすることは現実とは思えない
何を考えているのか 教えてくれよ
だって俺らには 時間がないんだ
俺を解放してくれないか
もう待っていられないんだ

彼女は俺を夢中にさせる
他の誰にもできないほど
彼女は俺を夢中にさせる
どうしようもないんだ

気が休まることもない
何かに憑りつかれているって言われるんだ
君が言うことは全てウソ
でも俺は何も驚かない
君のことで経験したことは真実だから
物事はそううまくはいかない
いつだってそう

うまくやれないかも
自分一人じゃ
誰だって
孤独にはなりたくない




She Drives Me Crazy

Fine Young Cannibals


I can't stop the way I feel
Things you do don't seem real
Tell me what you've got in mind
'Cause we're running out of time
Won't you ever set me free?
This waiting 'round's killing me

She drives me crazy like no one else
She drive me crazy and I can't help myself

I can't get any rest
People say I'm obsessed
Everything you say is lies
But to me that's no surprise
What I had for you was true
Things go wrong, they always do

She drives me crazy like no one else
She drive me crazy and I can't help myself

I won't make it on my own
No one likes to be a lone

She drives me crazy like no one else
She drive me crazy, and I can't help myself

She drives me crazy like no one else
She drive me crazy, and I can't help myself

She drives me crazy like no one else
She drive me crazy, and I can't help myself






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif