FC2ブログ
 

出光

出光















self00sdds.jpg















出光興産 - IDEMITSU




























































出光の「横顔」の秘密、知ってますか?車を運転する人にはお馴染みですね。出光興産のガソリンスタンドに見られる、人の横顔を模したロゴマークは、「アポロマーク」と呼ばれています。因(ちな)みに、ガソリンスタンド限定という訳でなく、出光興産のエネルギー事業の象徴として使用されています。「アポロ」というのは勿論(もちろん)ギリシャ神話の「アポロン」に由来します。ギリシャの主神・ゼウスの息子であるアポロンは太陽の神と見なされており、エネルギー事業の象徴として相応しい存在であると考えられ、ロゴマークのモチーフにされました。では、何故(なぜ)「人の横顔」なのか?このキッカケについては、出光興産の創業時にまで遡(さかのぼ)ります。当時、事業拡大のためにロゴマークを制定しようと考えていた創業者の出光佐三(いでみつ・さぞう 1885年8月22日 - 1981年3月7日)は、たまたま通りかかった店で見た絵にピンと来ました。それは、「髪をなびかせた人の横顔」の絵。その絵を見かけた出光佐三は、「スピード感があって、ガソリンなどにピッタリだ」とひらめきました。そして、そのアイデアをもとにデザインが決定されました。出光興産株式会社(いでみつこうさん Idemitsu Kosan Co.,Ltd.)は、石油類の精製・販売などを行っている日本の企業である。1949年(昭和24年)に石油元売会社に指定された。創業者は出光佐三。通称は「IDEMITSU」または「出光」。出光佐三により福岡県門司(現・北九州市門司区)で石油小売を業とする「出光商会」として1911年(明治44年)に創業。1940年(昭和15年)に現法人が設立され、戦後高度経済成長の波に乗り、石油の輸入・精製を手がける民族資本の元売大手として発展した。2000年代前半まで、サントリー(現・サントリーホールディングス)や竹中工務店、ロッテ(現・ロッテホールディングス)、ヤンマー(現・ヤンマーホールディングス)、YKK、興和、大日本除虫菊などとともに“非上場の大企業”として知られていたが、時代背景から開かれた企業を目指すべく、2006年(平成18年)10月24日に東京証券取引所一部に上場した。創業時より上場前まで「大家族主義」という日本的経営を標榜し、タイムカードや定年制が無かった(勤務時間管理及び定年制は、数年前[いつ?] より導入)。また、上場まで長らく資本金10億円という過小資本状態であった。ただし相対する負債も創業家及び創業家関係会社による劣後債務であるため、過小資本とは断言できるものではない。企業のロゴマークは2種類存在し、燃油および自動車高級潤滑剤にはギリシャ神話のアポロンをイメージした「アポロマーク」が、工業用、船舶用の各種高級潤滑剤には同じくギリシャ神話のダプネーをイメージした「ダフニーマーク」が用いられている(これらのブランドロゴとは別に、正三角形の中に「SI」の文字を入れた社章も存在する)。また、「出光」の筆文字ロゴタイプ(通称・髭文字)は創業者・出光佐三の揮毫であり、同社の登録商標である。キャッチコピーは、「ほっと安心、もっと活力、きっと満足。出光の約束」と、「ニッポンに、エネルギーを。」。主要関係会社として、アストモスエネルギー、出光タンカー、出光オイルアンドガス開発、出光エンジニアリング、アポロリテイリング、出光クレジットがある。サービスステーション運営の主要会社として、子会社の出光リテール販売、沖縄出光、グループ外の宇佐美鉱油が挙げられる。














16127565438.jpg























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif