FC2ブログ

永遠の夢に向かってバッド・ロマンス

 

バッド・ロマンス

バッド・ロマンス















Lady5_convert_20180824092439.jpg














レディー・ガガ公式サイト






























『バッド・ロマンス』(Bad Romance)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、レディー・ガガの楽曲。2作目のスタジオ・アルバム『ザ・モンスター』からのリード・シングルである。レッドワンがプロデュースしており、ガガが世界ツアー中に体験したパラノイアに影響されている。この曲は最初デモ版が流出し、その後、2009年10月3日にアレキサンダー・マックイーンの2010年春夏パリコレクションのファッションショーフィナーレで公式に初公開された。「バッド・ロマンス」はガガの前のシングルと同程度のテンポのサビと大きな声でのコーラスを特徴とする。アルフレッド・ヒッチコックの映画の影響も見られる。批評家はシングルを「ポーカー・フェイス」と比較し、肯定的な評価をした。シングルはイギリス、アイルランド、カナダ、スウェーデン、ドイツ、オーストリア、デンマークで1位を獲得。アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで最高2位だった。ミュージックビデオはスーパーモデルによって白い浴場からガガが薬物を投与されて連れ去られ、性的奴隷としてロシアン・マフィアへの見世物になるという設定である。批評家はビデオが斬新で革新的だと評価したが、抽象的でその狂気性にも注意した。ガガは『サタデー・ナイト・ライブ』『ゴシップガール』を含むいくつかのテレビ番組とアメリカン・ミュージック・アワード2009で披露した。雑誌『ローリング・ストーン』は2009年の優秀楽曲25でこの曲を10位にリストした。「バッド・ロマンス」は『ザ・フェイム』の再発盤からの最初のシングルであることが確認された。公式発売前にデモがインターネット上に流出した。ガガはこれを受けて、自身のTwitterに「次のシングルがリークされて、耳から血が出そうよ。本当のヴァージョンが出るまでまってね」というメッセージを書き込んだ。歌の簡素な部分はテレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』で公開された。2009年10月6日にファッションデザイナー、アレキサンダー・マックイーンの春/2010年夏のパリ・ファッション・ウィークのショー終了後、公式に初公開された。CDジャケットのデザインは2009年10月15日に公開された。About.comのビル・ラムはそのデザインを「連続安打試合を維持する強力なイメージは音楽とステージプレゼンテーションを伴う」と絶賛した。「バッド・ロマンス」の公式アルバムヴァージョンは2009年10月21日にレディー・ガガのMySpaceプロフィールにアップロードされた。ガガは「バッド・ロマンス」はツアーを行っている2008年に書いた楽曲の1つであると説明した。それらの歌は全て彼女が向き合った様々な怪物について述べている。その内の“愛の怪物”が「バッド・ロマンス」の発想の源であった。2009年11月2日放送『It's On with Alexa Chung』でのインタビューでガガは歌詞にある“I want your psycho, your vertigo schtick/ Want you in my rear window, baby you're sick”はアルフレッド・ヒッチコックの映画の中の台詞であると語った。MTVによると歌はガガの「ポーカー・フェイス」とテンポの点で同様である。それは一連の“rah-rah-rahs and ooh-la-las”という単調な音を叩いているビートとキーボードである。「You know that I want you/ And you know that I need you」と歌った後に大声のコーラスが続き、ガガは「You and me could write a bad romance [...] Caught in a bad romance」と歌う。MTVのギル・コーフマンは「最小のビート(歌の)は、ほとんど低い興奮に止まる。コーラスの間、イレイジャー風の鼓動が有頂天になるが、現在までのガガの最大のヒットのいくらかの即座の力が欠如している」と批評した。「バッド・ロマンス」はBillboard Pop Songsで初登場38位、最高25位を記録した。Hot100チャートでは11月9日付けで9位でデビューし、最初の週で142,000ダウンロードを記録した。カナダのHot100では初登場58位でチャート入りした。11月2日付けのオーストラリアのARIA Chartsで初登場16位、ニュージーランドのRIANZ cahrtsで初登場33位。イギリス・シングルチャートでは初登場14位でトップ20位に入った。10月29日付けのアイルランド・シングルチャートで初登場20位。振付師ローリー・アン・ギブソンのTwitterのメッセージによると「バッド・ロマンス」のビデオの撮影は2009年10月16日に始まった。ギブソンはガガの「ラヴゲーム」と「パパラッチ」の振付も担当している。歌の一部はテレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』で「バッド・ロマンス」ので公開された。ガガはナーシル・マズハルとプロデュースグループ、“ハウス・オブ・ガガ”によってデザインされた「オビット」と呼ばれる複雑な衣装を身に着けた。「ラヴゲーム」のパフォーマンスを終えた後、ガガはピアノに座って「バッド・ロマンス」の音響ヴァージョンを演奏し始めた。






















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
Sorry  ←Sorry 【2018年08月】の更新記事一覧 →SSK  SSK
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif