FC2ブログ

永遠の夢に向かって涙のラナウェイ・ボーイ

 

涙のラナウェイ・ボーイ

涙のラナウェイ・ボーイ















Dbmma8KVwAAOXNv.jpg















Stray Cats | The Stray Cats





































ストレイ・キャッツはアメリカ出身のネオロカビリーバンド。1979年にアメリカのアリスタ・レコードよりデビューし、1983年と1992年に活動停止、1988年と2004年に再結成している。ブライアン・セッツァーを中心としたバンドで、セッツァーはソロアーティストとしてもその名が知られている。ストレイ・キャッツは「のら猫、どら猫」の意味。バンド名の由来は諸説あるが、1974年公開のイギリス映画『スターダスト』に登場する架空のバンド・THE STRAY CATSからとったという説がある。映画のサントラのプロデューサーとして、また劇中のTHE STRAY CATSのメンバー、アレックス役として出演しているデイヴ・エドモンズはストレイ・キャッツの1stアルバムをプロデュースしていることから、バンド名に関わりがあると言われている。ストレイ・キャッツになる前は“Brian Setzer and the Tomcats(トムキャッツ)”を名乗っていた時期もあり、1982年にローリング・ストーンズのアメリカツアーに参加した際は”The Stray Cats”と呼ばれていた。デイヴ・エドモンズと出会ってから、または出会う前からストレイ・キャッツと名乗るようになったかは不明だが、関わりがある可能性は高い。他にはローリング・ストーンズの楽曲『Stray Cat Blues』が由来であるという話もあるが、前身のバンド名が”Brian Setzer and the Tomcats”であったため可能性は低い。ブライアン・セッツァーと言えばグレッチ。ギターの上手さは異常だ。『涙のラナウェイ・ボーイ』 (STRAY CATS) とはアメリカのロカビリーバンド、ストレイ・キャッツが1981年にリリースしたアルバム。ストレイ・キャッツの1stアルバムにして全英6位を記録した作品。「涙のラナウェイ・ボーイ」(全英9位)、「ロック・タウンは恋の街」(同9位)、「気取りやキャット」(同11位)といったシングル・ヒットも生み出した。ストレイ・キャッツはアメリカ出身のバンドであるが、渡英し、先にイギリスでデビューして二枚のアルバムをリリースしたため、母国アメリカでのデビューアルバムは、既にイギリスで発表されていた二枚のアルバムから選りすぐりの曲を収録した『ビルト・フォー・スピード』である。





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif