FC2ブログ

永遠の夢に向かってノーホエア・ファスト

 

ノーホエア・ファスト

ノーホエア・ファスト















galC5400.jpg















ハーレーダビッドソンジャパン Harley-Davidson Japan











































『ストリート・オブ・ファイヤー』(Streets of Fire)は、1984年製作のアメリカの映画。監督は、ウォルター・ヒル。西部劇の形式を踏襲(とうしゅう)したロック映画。人が一人も死なないという珍しいアクション映画である。その年度の『キネマ旬報』で、読者による選出でベストワンに選ばれた。高架と路地裏の町リッチモンドが舞台(ロケ地は主にシカゴ)となる。人気ロック歌手、エレン・エイムが地元での凱旋(がいせん)ライブ中にストリートギャング“ボンバーズ”に拉致される。彼女の大ファンのリーヴァは弟トムに助けを求め、エレンのマネージャー、ビリーがトムを雇うと申し出る。トムは偶然出会った陸軍あがりの女兵士マッコイを相棒にボンバーズのアジトを急襲(きゅうしゅう)し、エレンを救い出す。トムとエレンはかつて恋仲だったが、エレンが歌手を目指すために心ならずも別れていた。今回の救出をきっかけに再び心が揺れるが、トムが金のために自分を救出したとエレンが誤解し仲違いする。しかし、トムがビリーから謝礼を受けとらなかったと知り、二人の間にふたたび愛の炎が燃え上がる。その一方、面目を潰されたボンバーズのボス、レイヴェンはボンバーズを率いて街を襲撃しようとしていた。その前に立ちはだかるトム。レイヴェンはトムに一騎討ちを申し出、トムも受けて立つ。一対一の壮絶な対決の末、トムが勝利する。ボスの敗北、住民の決起の姿をみてボンバーズは引き上げ、街に平和が訪れる。エレンはトムに復縁を申し出るが、トムは「俺は君の付き人になる男じゃねぇ」と言い、二人は再びそれぞれの道を歩むこととなる。ステージで歌う彼女の姿を見守りつつ、トムはマッコイと共に街を去って行く。ダイアン・レイン本人は歌に意欲を見せてはいたのだが、冒頭と終盤のコンサート・シーンでエレン・エイムが歌う2曲「ノーホエア・ファスト(Nowhere Fast)」「今夜は青春(Tonight Is What It Means to Be Young)」は、作者ジム・スタインマンのお気に入りローリー・サージェント(バンド Face to Face のボーカル)と Holly Sherwood とによる吹き替えとなった。劇中に登場する黒人4人組ドゥーワップバンド The Sorels の歌は、Winston Ford による吹き替え。ただし、サントラ・アルバムには、他の歌手が歌っているバージョンが収録されている。その中で最大のヒット曲 "あなたを夢見て(I Can Dream About You)" は、作曲者である元The Edgar Winter Groupの ダン・ハートマン Dan Hartman 自らによるバージョン。エレンが劇中で唄っていた「今夜は青春(Tonight Is What It Means to Be Young)」は、「今夜はANGEL」のタイトルで椎名恵によってカバーされ、1985年放映のフジテレビ系大映テレビドラマ『ヤヌスの鏡』の主題歌として日本でも大ヒットした。
























Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif