FC2ブログ
 

ジューダス

ジューダス















Sammi-Jackson-Lookbook-7642_convert_20180708001337.jpg















Lady GaGa | レディー・ガガ - UNIVERSAL MUSIC JAPAN






























「ジューダス」(Judas=ユダ)は、アメリカのレコーディングアーティストレディー・ガガの楽曲である。彼女の3作目のスタジオ・アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』からの2枚目のシングルとしてインタースコープ・レコードから2011年4月19日に発売される予定であったが、低音質音源のリーク騒動などを受け2011年4月16日に早められた。ガガとレッドワンによって書かれ、プロデュースされたこの歌は、ダンスソングである。ミュージック・ビデオの監督は過去にガガの「バッド・ロマンス」を手がけたローリアン・ギブソンとガガが共同で行う。『ボーン・ディス・ウェイ』 (Born This Way)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、レディー・ガガの2枚目のスタジオ・アルバム。このアルバムは2011年5月23日にインタースコープ・レコードより公式にリリースされた。アルバムは「自分のアートの表現」という部分からインスピレーションを得ており、収録された楽曲には同性愛や宗教といったテーマが包括されている。音楽性的に、このアルバムは1980年代から1990年代以前のコンテンポラリー・ポップスからの高影響を受けているほか、その他ヘビー・メタルやオペラ、ジャズといった要素を含む、異なる音楽ジャンルからの融合もみられている。『ボーン・ディス・ウェイ』は、ガガやフェルナンド・ガリバイ、レッドワン、ヤップ・ラウセン、DJホワイト・シャドウなどによって製作、プロデュースされた。ガガが初めてこのアルバムについて言及したのは2010年初頭で、同年9月に開催された2010年のMTV・ビデオ・ミュージック・アワードで最優秀年間ビデオ賞を受賞した直後のスピーチではアルバム・タイトルを明かした。レコーディング・セッションでは、様々な録音スタジオで楽曲を録音した。このアルバムは音楽評論家から肯定的評価を与えられ、評論家はアルバムでのガガのボーカルと刻々と変化する音楽スタイルについて褒め称えている。『ボーン・ディス・ウェイ』は商業的にも成功を収め、アイルランド、アメリカ、イギリス、オーストラリア、オランダ、日本などで1位を記録し、いくつかの国ではトップ5ヒットを記録した。アルバムは世界で200万枚以上の売上を記録している。アルバムからの最初の2枚のシングル「ボーン・ディス・ウェイ」と「ジューダス」は世界中でヒットし、前者はアメリカのBillboard Hot 100を含む世界18カ国以上のチャートで1位を獲得した。また、「ボーン・ディス・ウェイ」はiTunesの歴史を塗り替え、リリースからわずか最初の5日間にて世界で100万ダウンロードを達成するという偉業も成し遂げている。「ジューダス」は複数の国でトップ・テン入りを果たしている。アルバムからのサード・シングル「ジ・エッジ・オブ・グローリー」とプロモーション・シングル「ヘアー」もいくつかの国でチャート入りしている。ユー・アンド・アイでは "Lady Gaga" の名の源となったクイーンのメンバーの一人(ロジャー・テイラー作曲のRadio Ga Gaが元)、ブライアン・メイとのコラボレーションが実り、バックコーラスとリードギターが聴ける。加えてクイーンのWe Will Rock Youのリフのサンプリングを用いている。アルバムはアメリカのBillboard 200にて初週売上110万8000枚を記録し、自身初のチャート首位獲得。これによって、初週114万枚を売り上げた50セントの『ザ・マッサカー〜虐殺の日。 』(2005年)以来となる好成績を上げた。更に1週間で100万枚以上を売り上げたアルバムは17作品に留まっている。また、ガガはこのアルバムでホイットニー・ヒューストンの映画『ボディガード』のサウンドトラック(1992年)や、ブリトニー・スピアーズの『ウップス!...アイ・ディド・イット・アゲイン』(2000年)、ノラ・ジョーンズの『Feels Like Home』(2004年)、テイラー・スウィフトの『スピーク・ナウ』(2010年)に次ぐ、1週間で100万枚以上を売り上げた史上5人目の女性歌手となった。『ボーン・ディス・ウェイ』が1週間で100万枚以上を売り上げた背景には、アマゾンがアルバムを発売日の23日(月曜日)と26日(木曜日)の2日間にわたってわずか99セントで発売したことにある。これによってアルバムの66万2000枚のデジタル・セールスのうち、アマゾンでの売上枚数は44万枚にまで膨れ上がった。デジタル・ダウンロードに占める割合は60%にも上った。アルバムは、Dance/Electronic Albumsチャートでも首位を獲得している。アルバムはアイルランド、スウェーデン、フィンランドでも首位を獲得した。このアルバムはオーストラリアでも首位を記録し、これは『ザ・モンスター』以来となるガガにとって2作目のオーストラリアでの首位獲得作品となった。オーストラリアレコード産業協会からは7万枚以上の売上作品が対象となるプラチナム・レコードに認定された。『ボーン・ディス・ウェイ』はイギリスの全英アルバムチャートでも2011年5月29日付で2011年の全英チャート週間最高売上となる215,639ユニットを記録し、初登場首位となった。この週のガガのアルバム・セールスは他のトップ10の売上を合わせたものよりも多い枚数となった。このアルバムはニュージーランド・アルバム・チャートでも『ザ・モンスター』に続く首位を記録し、プラチナム・レコードに認定された。アルバムは日本のオリコン週間アルバムチャートでも首位を記録し、その週間売上は18.4万枚に上った。『ボーン・ディス・ウェイ』は、ガガの日本でのキャリアにおいて初のチャート制覇作品となった。アルバムは初週時点でアメリカのみで210万枚以上が出荷され、全世界での初週総売上は200万枚を超えた。現在のトータルセールスは600万枚以上である。





















Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif